海外バイナリーオプション比較|JTは、なぜ「桃の天然水」をやめるのか

JTは、なぜ「桃の天然水」をやめるのか

JTは、なぜ「桃の天然水」をやめるのか 桃の天然水懐かしいですね。
という程に昨今では店舗にせよ自販機にせよ殆どその姿を見かける事は少なくなった製品であるところは皆さん今日つの認識であるところかもしれません。
「JT(日本たばこ産業)は2月4日、飲料製品の製造販売事業から今年9月末で撤退することを発表した。JTは清涼飲料水である桃の天然水や缶コーヒーRootsといったブランドを有し、清涼飲料業メーカーとしては業界10位に位置する。同社の製造販売事業と自動販売機オペレーター事業をあわせた、飲料事業全体の直近の業績は、売上高が1845億円、営業利益が21億円の赤字」
というような全体的な売り上げの見通しの或る中で、こうしたはんだんが下ったというところでしょうか?
「飲料業界全体が成熟し、事業規模が優劣を決する構造にある。規模の追求のために積極的な販促活動や新商品導入が必要となり、体力勝負の様相を呈している。今後、飲料の製造販売事業がJTグループの中長期的な成長に貢献していくことは困難と判断し、撤退を決定した」
として、桃の天然水についての製造販売の中止が決定的になったようですね。
一時はこの桃の天然水は一世を風靡した飲料としても記憶に新しいと言えば、それはきっと30代以上の消費者のイメージでしょうか?当時同時に人気も上々で飛ぶ鳥を落とす勢いであったアユこと浜崎あゆみさんを擁してのテレビCMでも知名度を上げ、一般的にも大きな人気となった飲料でした。
あの当時の事を考えると、ああした様々な飲料が新たに登場したのもまた流れとしてあったようにも思います。
神田うのさんがCMで人気を博した飲料もあったのをお憶えでしょうか?
確かあれは、異物沈殿の問題?か何かで回収騒ぎがあり、それ以降の販売はほとんど記憶にありませんが…
そうした形で「~ウォーター」や「~水」と言ったような飲料が沢山登場し始めたのものこのあたりだったように記憶しています。
今では様々なこうした系の飲料が増え、店頭では良く見かけるようにもなりましたが、この時代あたりから始まったものだったように記憶しています。
大きく分けてこうした「~ウォーター」系の飲料はスポーツドリンクや炭酸が入った健康ドリンク系のほか、果実系と言った3種が主なところでしょうか?
特に夏場などの時期に、所謂ジュースほどの甘さのあるものはいらないけれど、さっぱりとした甘さの冷たい飲料が飲みたいなどという時には、こうした飲料をスポーツドリンクなどとともに購入対象としているような感じですよね?
スポーツドリンクや健康ドリンク系は様々なシーンで飲まれる事もあるので特に季節を選ばずに販売されている姿を多く見かけますが、果実系ウォーターについてはやはりその主戦場は夏場というところになっているような気がします。
それにしても、時代の流れというを意外と感じる事の出来るこうした飲料製品の販売の流れ。
意外と面白いところにも着目できそうな感じがします。
というのも、コカ・コーラは最近でこそそうですが、それ以外の飲料については、比較的、その都度必ずと言ってよい程に時代の流れをくんで、その時代に人気を博している人物やグループがそのCM演出に適用され、その人気とともにCMを盛り上げ販売促進につなげてきたといった流れがあるように、そのCM登場にまつわる著名人(タレント・歌手・俳優など)の栄枯盛衰ともリンクするというか、そうしたところもまた見て取れるのが面白いところのような気もしますね。
そこからいうと、ある意味で既に若者のアイコンではなくなった浜崎あゆみさんの栄・盛のところと良くリンクしており、このあたりが一番のピークだったのかもしれませんね。
その後も様々な飲料で、現在に足るまで様々な分野の方々がCMに出演してきていますが、更に数年後や10年、数十年後にはそうしたある意味で懐かしみを帯びた記憶として飲料のイメージとともにそうした著名人の方々の記憶も消費者の中で残ってゆくのかもしれません。
これは食品系というよりは他には菓子類などでも多くみられる傾向もあるような気もしますし、そうした時代を感じるCMで懐かしCMとして良くテレビで特集されるのはそのようなところも関係して、視聴者の興味をひける事から特集されるのかもしれませんね。
というわけで、日本においてはそれだけ時の人が商品CMに関わるとその販売業績は伸びる?というような実情があるのかもしれませんね。
とはいえ、本来は口に入れるものは味が勝負でしょうから、そのあたりで個人的にはとても面白い現象だとは思うのですが、青汁のCMなんかも最近では白鳳さんが出ていたりと、様々なイメージ連想が出来る事からとは思いますが、そうしたイメージ戦略?みたいなものは商品販売には欠かせないのでしょう。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP