海外バイナリーオプション比較|酒税115億円「返して」 サッポロ極ZERO問題

酒税115億円「返して」 サッポロ極ZERO問題

酒税115億円「返して」 サッポロ極ZERO問題 これ、漠然と購入しているところが有るので、そんなことをきにして購入しているような状況でもないですし、こうして取り上げられてみて「そうなの!?」というところですが…
「サッポロビールが、税金115億円の返還を国税当局に求めたことが29日わかった」
え、なに?どうしたの?っていう事で…
「ビール系飲料 極ZERO ゴクゼロは税率の低い第3のビールにあたらない可能性があると指摘された事で、高い税率との差額として納めたものの、サッポロ社内の検証によって第3のビールに間違いないという確信を得た」っていう事に始まった問題の様です。
で、この極ゼロですが一般的にはどういった印象なのか?というところですが…
個人的には、いわゆる第三のビールだと思っていたんですけど…
ビールだって認定されていたの?というのがちょっと意外でした…
なんでも実のところは「昨年5月製造分で第3のビールとしての極ZEROの販売をやめた」という事だったのらしいのですが、特にこの極ゼロ好きというワケでもないので気が付いていませんでしたが、それ以降は発泡酒として製造販売していたようです。
で、そもそも第三のビールとか発泡酒とかって区分がどうにもわかりにくい…と思っているのは私だけではないのかもしれませんが、実際私もあまり良くわかりません…
ただ単に店頭に並んでいる時のお店のポップを見て値段を見て購入するといった形ですし、値団体的にも似通たところが有れば特には気にせず購入するというようなところが有るため、お気に入りの銘柄があるとかと言ったところのない私の様な人であれば、言われて始めて「そうなの?」という印象でしょうか?
それにしてもこの事で差額分の税金が115億円ってちょっと衝撃です…
凄いですね、そりゃ返してほしいですわ… 笑
とはいってもこれを国?でしょうか?が認めればという事になるのでしょうが、その点どうなのでしょう?
ニュースとしてはそうした訴えというか申し出があったというところまでで終わっているので、状況確認でしかない記事なのですが。
これが認められないことで変換されないとサッポロとしては赤字になってしまうとか?
そのあたりに付随する様々な事が見えてこないのでどうなのでしょう?という感じです。
それにしても色々な製法だとかカテゴライズが存在・認められて販売されている食品や飲料などが多すぎて消費者としては何とも難しい世の中になってきているような気がしますが、この点は消費者自体も安く購入できる商品を選び続けてきた結果によって引き起こされている状況だとも考えられますし、あまり文句は言えないかもしれませんね。
とは言え、安く売るよ?といわれ出されれば消費者の性として当然ながら品質が似通っているうえで問題の無いものなのであれば安い方に手が伸びるは性だと思いますし、これは売り手側と購入側両方に問題がる様にも思ったりします。
もちろん安くて素晴らしい製品が販売されるのであればそれは素晴らしいです。
でも、うまい話には裏がある…ではないですが、安さにかまかけて色々な事を仕掛けてくるようなメーカーや企業もある事は良く頭に入れておいた方が良いかもしれません。
それにやっぱり食品や飲料など口入れる物については、それを体内に取り込むと考えても良いわけですから、そのあたりではコストダウンもいいですけど、いったいどのあたりどういうようにコストダウンしたことでこの値段で提供されているのか?というのはチェックを入れた方が無難ではないでしょうか?
というか「食ってみりゃ(飲んでみりゃ)すぐわかる」っていうものが食品だったりもするので、実際に安い食材を買ってきて得した気分で調理してみたら、いつも食べている物に比べて美味しくない…なんていう失敗を多々経験した事もありますし…
経験から学べば良いのですが、それがなかなかやっぱりですね、哀しいがな安いの誘惑には勝てないのです…
特に最近は選べる商品の幅というか、値団体が沢山出てきていて、実は内容量が少なかったりとか…
缶コーヒーが有名ですよね?
110円とか100円で自販機で購入できるやつって実は130円で購入できる物に比べて内容量が少ないだけだとか…
良く見ると缶のサイズが130円の物に比べると若干小さいので気が付くんですが、あ、これロング缶と短い缶っていう意味の違いとはまた別ですよ?
知らなかった人は今度購入した時にでも見比べてみてくださいね?
と、まぁそういうやつです、なんだか損した気分になるという…
うーん…なんだか生きにくい世の中になってきたものです。
は、大げさですかね 笑。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP