海外バイナリーオプション比較|自営業者減少の受け皿に=非正規増加の原因分析―厚労省

自営業者減少の受け皿に=非正規増加の原因分析―厚労省

自営業者減少の受け皿に=非正規増加の原因分析―厚労省 いやね、分析は今さら良いのですよ…というか、現実的な打開策をどんどんと実行していただく段階なのであって、むしろ今頃分析していたのですか…と。
「非正規労働者が増えたのは、減少した農家や個人商店などの自営業者と家族従業者の受け皿となったことが大きな原因―。厚生労働省は30日に公表した「労働市場分析リポート」で、1984年から30年間の正規・非正規労働者の動向について、こんな分析結果を示した。」
とはいえ、確かに分析は必要ですが、、、
出た結論がそれか…という感じは否めません。だってそれ分析するまでもなくわかってた話ですよね?
それにそれは原因の一端であって、それが全てというワケではない事は多くの方が今や存じ上げている状況ではないでしょうか?
それこそブラック企業なんて言われるような問題もあれば、大企業の内部留保だとかそうした根源的なものがあるうえで、こうした分析結果から見える状況が重なってもいるということであって、不況が全て原因でみたいな言われ方で方有っれる事が多いですが、個人的にはそうでもなくてじゃないの?と感じたりもします。
この20年ほどの間には新たなビジネスとして沢山のビジネスが生まれてきたりもしているわけで、実際にはそうした雇用は増えていると思うのです。
そこで非正規雇用が中心か?と言われればそうでもないような状況というのもあると思います。
そうした事の殆どって結局大企業の下請けの工場勤務だとかそうしたところでの受け皿が非正規雇用が多かったり、派遣社員といった形の労働が増えたりしたこともあるでしょうし、そうした事を考えると、そういうのって、非正規労働に否応なくというよりは、むしろそうした労働を選んでいる場合にはそちらの方が稼ぐのにこじんとして都合がよく、みずから選んでいるような方々も相当数いるのではないのか?という印象もあるんですよね。
もちろんブラック企業てきなところで言えば新卒採用の点でこうした非正規雇用が増えたのは否めませんが、全てをすべてひとくくりで語ってしまっても、またなんだか違うのではないか?と感じたりもしています。
それにこの分析って30年というスパンで出している分析という事だし、この30年の間って、社会的にも経済的にも大きな変動があった時代ですからね、それをひとまとめに分析されてもね…と思ったりするんです。
バブルとかバブル以降とかという言われ方をする事がありますが、そのあたりも分けて考えないといけないでしょうし、バブル以降でもターニングポイントとなる社会的・経済的な変革って色々あったと思うんです。
更には少子化だとか高齢化だとか…だからこそひとまとめには論じる事が出来ないというか。
そこで、分析…
そうですね、分析は大事ですけど、時間をかけて分析した割にはというのもありますが、もっとだから?で、どうするの?どうやっていこう?というそうした話をもっと進めた方が、分析をどれくらいの人数規模で行ってきたのかはわかりませんが、大切なことは底じゃない気がしてなりません。
それに先にも挙げましたが、皆が皆正規雇用だとか非正規雇用だとかとこだわって労働をしていいない現実もかつてに比べて増えているような話も合ったような気がするんです。
時代が変われば働き方も雇用形態も変わるわけで、正規雇用以外は悪みたいなところまでを言っている人はいないかもしれませんが、どこかそこに見識の広さだとかフレキシブルさが欠けていってしまい、そうした考え方の万円が世界のフレキシブル水ギル流れについてゆけず置いてかれてしまっている日本…みたいなようにも感じてしまいます。
そうなってくると、もうTPPだとかグローバルだとか言ってないで、いっそのこともう鎖国しちゃったらどうですか?なんていう話も言っちゃう人も出てきてしまう始末だし…
大丈夫かな日本…という事を思ったりしつつ、一般庶民としてはとりあえずでsが、東京五輪の秋元康プロデュース構想が最も不安な昨今です。 笑
や、他のイベントなら良いですが、オリンピックって他の国でもエンタメ化していたとしても、少なくとも世界の人々がワールドワイドに活躍していて知っていて、その上で国を代表するアーティストが開会式などの式典に参加しているのであってですね…
そこをなんだかお祭り的に勘違いして、日本が誇る!なんて勝手に勘違いしてもらっても困るし恥ずかしいんですけど…というところですね。
話はそれましたが、そういった意味でも大丈夫か?日本…という事で… 笑

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP