海外バイナリーオプション比較|黒田バズーカ「2」から3カ月、「物価2%」に漂い始めた暗雲…第3弾発射はあるか

黒田バズーカ「2」から3カ月、「物価2%」に漂い始めた暗雲…第3弾発射はあるか

黒田バズーカ「2」から3カ月、「物価2%」に漂い始めた暗雲…第3弾発射はあるか は?黒田バズーカ???とはなんでしょう。
お笑いのメッセンジャー黒田さんですか?と一般民すぎる自分などは思ってしまうのですが…
「日銀がサプライズの追加金融緩和を決めてから、31日で3カ月が経過する。「黒田バズーカ2」の不意打ちを食らった金融市場は大きく反応したが、日銀は今月に入って物価上昇率見通しを引き下げ、目標とする「27年度を中心とする期間に2%」の雲行きは怪しくなってきた。想定以上の原油安が続く中、市場からはもう一段の追加緩和を催促する声が後を絶たない。」という事で金融に関する話でしたね。
これ日銀の市場緩和戦略というかそちらの話で、なんだか先日メッセンジャーの黒田さんと新山千春さんの話とか、他にも黒田さんネタで色々とニュースがあったので、ニュースタイトルにつられて感もありますね… 笑
というようなところで、この日銀さんのこうした戦略?もそうですし、アベノミクス戦略もそうですし、そうした中で実際に経済戦略としてこの動きいい感じに出来ているんですか?というような疑問が社会的にはいろいろ言われていますよね?
正直なところ、素人すぎる私にはなんだか良くわかりません…
ですが、そうした一般民的な感からすれば、結果として感じられる程度にでも出てきてくれれば良いんですが、それが出てきている感じが無いので、より分からなくなっているというか、わかりにくい…これってなんだかお金持ちの人たちの間であれやこれやしているだけで、一般人には一向に還元されない無駄制作なのでないか?というところで、国民からの不満とかが上がってきてしまっているのかもしれないじゃない?と感じるわけです。
ですが、というか、こうした大きな国の経済戦略ってそう簡単にけっかが出せるようなものでは無いでしょうし、順を追って進めてゆくことで緩やかにでも上昇傾向に持ってゆくというのが経済戦略なのではないでしょうか?と、このあたりは多少私は楽観視している感じですが、世間はやっぱりそうも言ってられない状況だし、長きにわたって不景気あ続きすぎた事で、そうした考えには及べないのが現実なのかもしれません。
ですから急務にカンフル剤的な経済効果を望める何かを求めてしまうのは仕方がないのかも?と。
そうした中で突然の様に出てきてしまったISISの拉致問題ですが…
これによって何か、そうしたところを進めてゆくことに時間を割くはずが、この連日そこにかかりきりにならざるを得ない政府と言った感じなってしまっていて、確かに人命は第一ですし、大切な事ですが、それと同時に国の経済も大事ですよね。
だからそんなことにかまっている場合ではないのだよ!なんていう血も涙もない様な意見を言う人も居る始末です。
でも、国ですからね、会社で言えばそれはそうした問題の処理に当たる部署と経済の問題に携わる部署とでしっかり分けられて同時進行で動いているわけですから、何も政治家のかたが全て直接動かしているわけでもないですし、それこそ様々な官僚の方々な多方面で尽力しているはずですから、それをひとまとめに国が!と言ってかたずける話はおかしいのでは?と思ったりします。
もちろん政治家の方々が120パーセント経済問題に時間を割いてくれるような状況があるのは望ましい事ですが、経済を動かすのは政治家さんオンリーというワケでもないですし、そのあたりは個人的には冷静に見てゆきたいと思ったりするわけです。
とは言え、今回のISIS拉致問題は別の意味で、早急に片を付けなければならないのは事実。
人命がかかわる事ですし、一刻の猶予もというような緊迫した状況ですし。
特に後藤さんについてはあちらに向かった理由が理由。
そうした事も考えれば、あのお母さんと言われる方の記者会見は確かにひどいものがありましたが、それはそれですし、週刊誌でここぞとばかりにネタ提供宜しく彼の過去がこうだったとかというようなどこまで事実でどこまでが噂かわからないような事で、悪い意味で世論を盛り上げてしまうようなああした事でかき回すのはやめてほしいですしね。
どこかゴシップの様に取り扱われているような現状は微妙だなとおも思ったりもしています。いづれにしても年初めの初月でイキナリの政府的なてんやわんや状態、早くに落ち着き今年の流れがしっかりした形で戻れるように祈るばかりです。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP