海外バイナリーオプション比較|ヤマトのメール便廃止は「作戦の転換」 日本郵政社長

ヤマトのメール便廃止は「作戦の転換」 日本郵政社長

ヤマトのメール便廃止は「作戦の転換」 日本郵政社長 このニュース郵便法が絡んでいて前々から懸念されていたところから、いよいよ本当に現実の結果となって…と言ったような感じでとり決まった形の様ですね。
TwitterなどのSNSではこの情報発表後に各宅配業者の従業員の方々がこのニュースについて「やっぱりか」とか「メール便って意外と業務の大半を占めていてデカいんですけどね…」とかいう話も聞かれています。
ではこのニュースどういった物かと言えば「ヤマト運輸がクロネコメール便を3月末で廃止することについて、日本郵政の西室泰三社長は28日の記者会見で、経費のかかる部分をやめ、かからない部分に集中する。明らかに作戦の転換だと指摘。ヤマトは廃止理由について、顧客がメール便では送れない信書を送って郵便法違反に問われるおそれがあるとしているため疑問を示したとみられる。」という事かららしい決定の様ですね。
なかでも、ヤマトではメール便の9割を占める法人客に対して「廃止後は新サービスを利用するよう促し、個人客にはメール便より割高になる宅急便サービスを広げて対応する方針だ。」との事で、個人客は日本郵便の「ゆうメール」に流れる可能性があるとの事です。
そこで意外とというか一般的にはあまりなじみが無いかもしれませんが、ある意味で戦々恐々としているところが有るのが同人系の通販を良く活用している層で、いわゆる「オタク」なんて言われる方々です。
同人誌として個人発行・販売しているクリエイターの方々の多くは販売に際しての郵送手段としてこれまでこのメール便を活用していいた方々が多くいたようなところが有って、こうした流れから、これまでのメール便を活用しての販売を方向転換しなければならないと考えているようで、その際に販売コストが上がるのでは?と言った懸念を感じているようですね。
更にはこうしたメール便はコンビニで気軽に活用できていた点があって楽に取引が出来るといった側面があった事から活用されていたようですが、その点で、ヤマトが使えなくなるとなると…と言ったところもまた懸念の一端であるようです。
ですが、郵政のサービスについてはコンビニであればローソンで利用する事が出来るので、その点は問題ないのではないか?勇み足ではないか?と個人的には思ったりもするのですが、料金面の点で懸念でしょうか?そのあたりは私も個人的にはヘビーユーズしている活用ユーザーではないため、どれくらいのコスト変動が生じるのか?はちょっとわかりません…
そこで先にも挙げたとおりや跡が提言しているのは新サービスとなる小さめのボックスを活用した対面配達サービスと小さな荷物をポストに配達するタイプのサービスを進めています。
これ等は信書以外の荷物を届けるために使えるサービスとなっているようです。
同人誌については信書に当たらないのでこうした新サービスの活用に移行する方々が増えるのではないでしょうか?
いずれにしても、今後こうした個人売買などの点での販売方式についても、もしかしたもっとデジタルな方法へ転換されてゆくことになるのかもしれませんね。
音楽についてはCDを通販で購入するというような事もあるでしょうが、この点でデジタルで購入するという形がスマホの普及によって意外と馴染んできている様にも思いますし、有名なリサーチ会社の音楽出版物に関する販売統計データを散見する限りでも、その販売の推移のデータからみる限り、よほどの人気アーティストやアイドル系のもので、更には最近ミュージックカードなどが問題として挙げられることもありますが、そうした特典付がメインとなるCDの販売数について以外の、一般的な人気アーティストのCDについては実店舗によるCD売り上げとEコマース売上が拮抗しているような状況は見られないので、やはりここでも所謂「オタク」の方々やジャニーズ系のこれも所謂「ジャニオタ」なんて言われる特殊な層の方々以外はこうした小さな荷物となるような商品をネットで購入するという傾向には無いようなところが伺われます。
他と考えると、あとは企業の方々が活用しているであろうところで、そのあたりは特に差しさわりも無く、新しいサービスへ移行するのでは?と思ったりもするわけで、一般ユーザーの方々からすれば、この今回の点での騒ぎの様に感じているのは上記に挙げたような一部の方々とサービス提供側の方々と言ったところなのかもしれませんね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP