海外バイナリーオプション比較|【プリパラ】半年でユーザー100万人突破 想定の倍のスピード

【プリパラ】半年でユーザー100万人突破 想定の倍のスピード

【プリパラ】半年でユーザー100万人突破 想定の倍のスピード ポケモンにドラえもんに妖怪ウォッチにせよプリキュアにせよそうですが、こうした子供向けの物については不況もどこ吹く風というような形で、元気な勢いを見せているというところなのでしょうか?
「タカラトミーアーツの女児向けアーケードゲーム「プリパラ」のユーザー登録数が26日で100万人を突破」「同社は昨年7月10日の稼働開始から半年でユーザー数50万人を想定していたものの、実査には約2倍のスピードで100万人の大台を突破。」
という事で、これを分析してみると、メインターゲットの6~9歳の女児の2人に1人がユーザーに登録している計算になるという事の様で、2人に1人?と考えると物凄い浸透率ではないの?とちょっとびっくりです。
例えばあのAKBなんかのアイドルの経済効果を考えても、メインターゲット層の2人に1人とまではいくわけもないわけですからね、それを考えたら、ターゲット層が狭い範囲だとしても少々驚きというのは事実でしょう。
で、大人の方々はぴんと来ないこの「プリハラ」なるもののブームですが…
そもそも「プリパラ」の前身となるものがあり「プリティーリズム」というシリーズがったのですが、これはアーケードゲームとして2010年にリリースされ、その後の2011年にテレビアニメがスタート。
その後の昨年2014年7月にスタートした後継としてのアニメ「プリパラ」は、アイドルのファッションコーディネートやリズムゲームを楽しめるほか、ほかのプレーヤーとアイドルユニットを結成できるとして人気があるという事です。
現在もテレビアニメは放送中で、再来月の3月7日には劇場版アニメ「劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ」がに公開されるほどの人気という事らしい。
この年齢の娘さんを持つ親御さんであればもしかしたら少しは聞いたことのある者なのかもしれませんが、そうでない方には妖怪ウォッチだけじゃないのね…と言ったところでしょうか?
こうした流れって昔を思い返してみても実はあまり変わってなくて、かつてからあったもんだと思うんですよね。グッズとアニメとゲームがリンクするというか、三位一体で販売展開をして行くという構図ですが、それこそドラえもんだってかつてはそうでしたし、ファミリーコンピューター全盛のあの昭和の時代もこうしたアニメとゲームという関係値は既に存在しており、その後もポケモンや遊戯王など様々な子供向けアニメは必ずゲームとセットで広がっていったようにも思います。
ですが、ここで今回特殊なのは、そもそもアーケードゲームがスタート地点でアニメはその後だったというところでしょうか?
これですが、今までの物はその逆で、漫画なりアニメなりが先でその後にゲームがという形が殆どだったように感じます。
ここからは完全に主観ですが、アーケードゲームから始まったと考えると、子供たちがそのアーケードゲームに接する機会が無ければまずその流れは生れません。
ではどういったところでそうした接点があったのか?というところが気になります。
これはもしかしたら大型ショッピングモールなどの展開が広く行われ始めたあたりからの展開なのではないか?とちょっと思ったりしました。
かつてはゲームセンターなどに出向かなければこうしたアーケードゲームに触れる機会は無かったし、そうしたところには低年齢層向けのこうしたゲーム機というのも見かけた記憶はほとんどありません。
ですが、ショッピングモールには玩具売り場などに隣接してファミリー層向け、またはこうした低年齢層の児童向けに展開された近代型の大型ゲームコーナーが設けられ、昭和の時代にもあったような、買い物の間、子供たちは屋上で遊ぶ…みたいな損あ流れが出来上がっていた事から、そこへそうした女の子向けアーケードゲームを投入したところヒット!そして、アニメでもまたヒットといったながれが生まれたのかもしれません。
こうしたように時代が変わり様々なものが変化した様で、実はこうした形って意外と根底は変わっていなくて、、、というようなところもまた面白いなと思ったりもします。
ゲームについても、今ではスマホや任天堂DSなどの携帯ゲーム機で楽しむ形はありますが、これはかつてであればゲームウォッチに始まり、ゲームボーイの流れを汲みという事でも結局は変わっていませんし、ウォークマン~iPod~iPhoneなどのスマートフォンと言ったような流れなど、結局のところ…といった感じって意外とありますよね?
時代はめぐるというか、ビジネスとかって意外とこうした小さい枠組みと流れの中でぐるぐるとまわっているだけの物なのかもしれませんね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP