海外バイナリーオプション比較|ソニー:モバイル事業で1000人規模の追加人員削減へ-関係者

ソニー:モバイル事業で1000人規模の追加人員削減へ-関係者

ソニー:モバイル事業で1000人規模の追加人員削減へ-関係者 エクスペリアが好調でそんなことにはなっていないと思っていたんですが実情はそうでもなかったみたいですね…
「ソニーのモバイル事業は経営計画の見直しで、1000人規模の人員削減を追加する予定だ。事情に詳しい関係者1人の話で分かった。ソニーは、廉価製品を提供する中国スマホメーカーとの競争で苦戦を強いられ、モバイル事業の追加構造改革を16年3月期までに実施することを決めた。具体策は15年3月期中に発表するとしている。」
という事で、競合他社との競争の中で実は思ったよりも健闘むなしくといった実情が現実と言ったところのようです。
つい先日にはvaio事業については独立分社化するようなニュースもありましたし、今後の展開としてはモバイル事業の縮小化といった傾向にあるのでしょうか?
確かにアンドロイドについてはそのosの中で独占的に事業を促進してゆけるような状態ではなくて、サムスンやhtcにモトローラなどなどと言った形で様々な企業がしのぎを削っているといった状況での運営と言ったところでしょう。
それでもエクスペリアはここ日本についてで言えば人気も高く、初号機から人気の高い機種のうちの一つだったのではないでしょうか?
その人気に機種でもあるエクスペリアを擁するソニーでさえこうした形で事業縮小の様な傾向にあると考えると、スマホ事業については各社もうすでに頭打ちという流れなのでしょうか?
昨今の流れの中で近いところを思い起こすと液晶テレビ事業についてがまさにその湯女状況で段階的に各メーカーが規模縮小をしていったという流れが記憶に新しいといったところですね。
昨今ではそうした流れからなのか?サムスンについての業績悪化も伝えられていますし、そこで独自osの開発からといった流れで挑んでみ、まずは格安スマホマーケットとして世界最大とも言われるインドの市場に参入してみたものの、その印象は酷評されるような形でしょっぱいスタートを切ってしまったのは記憶に新しいところです。
更にはアンドロイドosを開発したGoogleは独自端末の開発と発売を示唆するなどの流れもあり、各種スマホosメーカーが独自で端末を発売するような流れに切り替わってきているといった段階になってきたような感じがします。
先ごろで、最近であればMozira firefoxがその独自osを搭載したスマートホンを発表し、日本のauがあそれを発売する旨を発表したり、windowsも独自モバイルosを搭載したwindowsフォンを発売したり、iosを擁するアップルのiPhoneについてはファブレットとも呼ばれる大型スマートフォンであるiPhone6 plusを発売したりと、モバイルos開発の各社が新たな展開へ進んでいるところも見逃せません。
そこにされにはGoogleの場合ならばGoogleグラスと呼ばれる眼鏡型のウェアラブル端末の開発の第二段階へ進み、より本格的な実用モデル投入へと進んでいるというニュースもありました。
更に、アップルはこの春にapple watchといわれる時計型ウェアラブル端末の発売を示唆しています。
というように、こうしたモバイル端末の世界は新たな展開を進んでいるところの様です。
ですからもしかしたら、ソニーもスマホ事業についてはこのあたりで一区切りとし、そうしたネクストの展開へ進もうとしているのかもしれないですね。
更にはソニーについては、実際に一般的な需要がどこまであるかは別にしても、ハイレゾウォークマンを今プッシュしてきているようなところもあり、この点についてもっと更に力を入れてゆくためにもと言った流れもある中での経営判断なのかもしれません。
というのはもちろん個人的な見解なので、今後の展開を期待をもって見てゆく中での見解と言ったところですが。
一部ではタブレット事業についても各社もうすでに頭打ちを迎えているのではないか?なんていう様にも言われていて、またノートPCの時代がやってきているというような事も言われていたりもします。
とはいってもかつてよりも薄型で小型で軽量といった形での展開となるような流れですから、かつての様な形でのノートPCと言ったものでは無いというところの様で、直近で発表されるというところではこれもやはりアップルのノート型PC(ラップトップ)であるmacbook airの新型に注目が集まっているようです。
これはiPadの販売がそろそろ頭打ち傾向にある中で、こうしたノートPC(ラップトップ)の需要が高まっていることを背景に、更にこの分野で新商品の開発が進んでいるのでは?というような予測もたてられていたりという流れの様です。
目まぐるしく変化するモバイルコンピューター関連の開発や商品展開については今後もますます広がりを見せて面白い流れがまだまだ出て来そうですし目が離せません。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP