海外バイナリーオプション比較|「たかの友梨」が和解=残業代未払い訴訟―仙台地裁

「たかの友梨」が和解=残業代未払い訴訟―仙台地裁

「たかの友梨」が和解=残業代未払い訴訟―仙台地裁 この問題は奥深い問題なのかもしれませんが…とりあえずの決着がついてよかったのかな?とは思うのですが、そのあたりどうでしょうか?
「残業代が支払われなかったとして、大手エステサロンたかの友梨ビューティクリニック仙台店の従業員ら2人が、運営会社 不二ビューティを相手に未払い賃金計約1015万円の支払いを求めた訴訟は、仙台地裁で和解が成立した。2人が所属する労働組合が26日発表した。」という事で一先ずの決着がついたといったところの様です。
ですが、これ和解で良かったんでしょうか?
ま、訴えた側からすれば自分の損益の所を取り戻せたというか、そこに不満があっての訴えだったのでしょうから、それで問題なかったのかもしれません。
ですが、こうした問題というのは、そうした個人的な問題というよりは、社会的な問題も孕んでいたものであると思うのです。
ですから、和解でなんとかすみましたよ、はいチャンチャン!と済んでしまうと意味が無いというか…
こうした社会的もあってはならない問題としての訴訟の場合には、和解で済んでしまってはダメなのではないでしょうか?
今回のこうした訴訟問題で企業側はある一定の社会的な制裁の様なものは受けたのかもしれません。
ですが、決着がこういう形でだと結局のところ企業側が悪かったのか否かがあやふやというか、不鮮明になり、印象としては金目の元従業員や現従業員が起こした訴えで、企業側も多少は至らなかった面もあるし、これ以上続けても…というところからの和解というような流れに見えてしまうという事は無いだろうか?と思うわけです。
どんな理由があったにせよ残業代未払いというのは間違っている事ですし、そもそも企業側が残業を残業と認めず的なちょっとどうなの?というようなことがあっての事だったわけですからね。
そこである一定の社会的なイメージダウンやそうしたブラック企業的イメージのレッテルがはられというのはあったかもしれませんが、企業的にもこの程度で済んでいるのであれば、さほどのイメージダウンにもならなかったのではないでしょうか?
これは訴えた側がどこを目的達成のゴールとして考えたか?にもよりますが、労使が絡んで起こした訴えという事であれば、このあたりはお金のところで済む話で終わるのではなく、もう少し社会的意義も併せてをゴールとして定めて挑んでほしかった訴訟でもあるように思いました。
とはいえ、従業員の方については、社会的意義と言ったところよりも現実的な金…というところでと考えるのであれば、そこは仕方のないところなのかもしれませんが、せっかく勇気ある告発の様な形で起こされた訴えでもあったでしょうし、そのあたりは残念だった様にも思います。
こうした結果で落ち着いてしまうのであれば、もっと早くに和解して済ませてしまえばそれで良かったようにも思いますが、金目だとしても訴えまで起こして社会問題としてニュースで取り上げられるところまで行かなければ、その残業代を払ってもらう事は出来ないであろうと考えたからこその訴訟だったのかもしれませんしね。
外野から見ていての感想としては、やっぱり実際に残業代を払ってもらう事ももちろんですが、こういうと誤解あるかもしれないものの、やっぱりもっともっと社会的な問題の側面で更に大きな問題として企業の悪しき点を解明・露呈させしっかり再生するのであればそれはそれ、それによって淘汰されるような企業であればそれはそれ、それが前例となり、社会的にもっとブラック企業を淘汰してゆく動きの一つのきっかけとなってくれればと思ったというところでしょうか。
ですが結果的にはそこまでの効力は無かったような感じで、ブラック云々よりは、そのくらいならどこの企業でも大なり小なりあるようなものでしょ?といった程度の印象だと思います。
ただ、ポイントはこの企業の代表が従業員に対してとった行動と発言がバッチリ録音されており、それを材料に謝罪に追い込まれたっていう点で、そこのあたりからもっと問題の扉をこじ開けて更なるそうした不正的な問題が無かったのか?を追及していってもほしかったところです。
ただし、この点、結局のところ先の飲食チェーン企業などと比べてその後の衣料品メーカーに関するブラック体質問題などもありましたが、不買運動などにはつながってはいないですし、どちらかというと労働者側や労働力としての点で苦戦を強いられるような結果を招き、それが企業の販売運営に影響を与え、業績悪化へつながっているような感じになっているのが実情の様ですね。
飲食産業などの場合には異物混入疑惑問題などがあった場合に、それが不買行動などと結びついてという流れは出て来る事がる様なのですが…
本来であれば飲食に限らず企業体制に問題ある企業の悪しき部分が露呈した場合でも消費者側からの不買行動などで失墜してゆくのがこうした対消費者のいる商売を行っている企業というものだし、だからこそ広告イメージなどを大事にしており芸能人を起用したりもしているわけですが、現代の日本の消費者の反応を見ていると…もしかしたらその点ちょっと特殊?なのかもしれませんね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP