海外バイナリーオプション比較|-大学生就職内定率-08年以来の8割超え 女子は過去最高

-大学生就職内定率-08年以来の8割超え 女子は過去最高

-大学生就職内定率-08年以来の8割超え 女子は過去最高 ここ最近は、というかここ数年すでに誰もが知っている通り不況が続いているという事もあって、かつての就職氷河期なんていう言葉もありますが、すでにそれどころではないくらいに就職難が続いているのは誰もが知っているところ。
正規雇用が減っており、非正規雇用が大変大きな問題として取り上げられているのは知るところでしょう。
それによって巻き起こっている様々な論争の中には、ブラック企業問題や派遣労働問題、更にはそれに続く結婚問題に少子化問題から続く高齢化社会問題など、様々な形で日本の社会に影響が出ている事は良く言われています。
政府としてもこの問題を軽んじているわけではないでしょうが、実質的にカンフル剤となるような政策がバシッと行われているような状況でもなく、打開できぬまま既に数年どころか数十年くらい続く大きな問題として伝えられているわけです。
団塊ジュニア以降の世代にとってはロストジェネレーションなんていう言葉もあるくらいでそうした年代も既に40代となりそれなりに社会を支える中心となる世代ですが、この年代を切り取ってみてもそうした現状が如実に表れているのが良くわかるようなところともよく言われています。
そうした中でこの数年来実施されてきているアベノミクス戦略という形の経済戦略ですが、その影響で、大手企業については、今のところ景気回復の傾向にあるとも言われており、実質数字的に見ればそれは間違いない点もあるようです。
そうした流れをくんででしょうか?今回のような形で就職率の上昇が予想されると昨年位から言われていましたが、今年についても統計として出てきたところによれば全体的には8割超え、女子の大卒就職内定率は過去最高とも言われているようです。
文科省としても「景気回復で採用環境が改善している」と見ていると言われています。
とはいえ、依然約8万人の学生が内定を得ていないと推計され、引き続き支援が必要な状態にあるというところではあるようです。
そこで、ここからは個人的、主観的な目線での話ですが、コレ、景気回復は確かにあるのかもしれませんが、少子化世代の就職率という事を考えるとどうなのでしょうか?
そもそも少子化で実質的に過去の、例えばロストジェネレーションあたりの世代と比べて就職適齢年代の人口がどの程度なのか?というところが私ははっきりした数字は分かりませんが、割合で考えた場合ではなしが出されてもいるのでそれはそれで正しい話で、就職率という話ですから間違いなく挙がっているのは確かでしょう。
でも、割合だけで見てみても、実のところその人数が過去に比べどの程度少ないのか?でその割合の意味は変わってくると思うんですが、その点どうなのでしょうか?
例えばですが、20万人での8割と50万人での8割では人数に大きな差があるように思うんですね。
人数が少なければそれは受け入れ可能であるでしょうし、雇用人数で見た形で考えれば、一概に率が上がったカラというだけでは景気が騎亜服しているから雇用が増えたという話では無いような気がするんですが…
率が上昇する事と雇用が増える=雇用人数が増える事はまた違うというか…そういうように考えてしまうのは揚げ足取りになるんでしょうか?
それに大卒就職率ももちろん大事ですが、国民全体の就業率と言った意味での正規雇用のパーセンテージはどのようなものなのでしょう?
併せて、その正規雇用についても、物価に対しての月給と言った意味でのところで考えると、実際問題としてどの程度景気回復・上昇傾向があるのか?など、複合的に見てゆかなければ、景気回復といった点のところは話がしにくいような気もします。
勿論、一つ一つ細かなところで良い状況、好転状況が見えてゆくところを一つづつ喜び次へ向かってゆこうという前向きな姿勢で捕らえる事は大事ですが、ニュースなどでこう伝えられると、景気はしっかり回復しているんだという印象を単純に受けてしまいがちだし、ニュースというものは、その情報を短絡的にとらえてしまいがちになるのが殆どの人の感覚でもあるように思うんですね。
そう考えた場合にはもっと副業的な話として、もっと様々な側面も併せて景気問題についてはもっともっとたくさんの事を情報整理して総合的に知ってゆく必要がる様にも思います。
最低賃金の底上げなども見ていると、例えばアルバイトに時給などもそうですが、あkつてに比べれば高いわけで、それでもバイトやパート募集というのはまだまだ沢山出ている事を考えれば、日本の不況は即貧困につながっているわけでもないですし、中々実感するレベルまでに無いのが実情かもしれませんが…

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP