海外バイナリーオプション比較|中国や台湾、「日本産」と偽装の農水産品が横行

中国や台湾、「日本産」と偽装の農水産品が横行

中国や台湾、「日本産」と偽装の農水産品が横行 今に始まった事ではないのかもしれませんが…
日本産と偽装したり、日本側の商標権を侵害したりした疑いのある農水産品が台湾や中国などアジア各地で出回っている。という話。
これが2009~13年度の農林水産省の調査で確認された。という事なんですけれども…
去年あたりはこうしたは話が散々テレビでも取り上げられて話題となっていたようにも思います。
酷い場合はもう商品っていうだけでなく、お店のコンセプト自体パクってしまうという展開さえあるような始末で、無印やユニクロにダイソーの様な百円ショップまでといった感じだったように思います。
これはある意味で、光栄と言えば光栄なのかもしれませんが、アジア進出をしているような企業からすれば、はっきり言って人の看板で堂々と勝手に商売されてしまっているような状態ですし、笑えない事態なのは言うまでもありません。
本家の日本の企業のこうしたショップの事などを知らない現地の人や、にわかに知っているような程度に都たちはそれが日本のあの有名な○○か!と勘違いしてしまうような事もあるのではないでしょうか?
こうした世界的にはモラルと言えるくらいの低いレベルで認識されている「やったらあかん」行為はどうやらアジア各地の諸国ではそうとらえられていないようで、かなり緩々の状態の様です。
これ、日本の企業の話で今回出ていますが、ディズニーランドのパクリだったりもそうだし、あのアップルストアをパクって営業していたお店なんかは結構大問題にもなっていたりして、日本の企業についてのこうした問題に関しても笑いごとではない状態になってきているのかもしれません。
特にアジア諸国についてはこうした日本のサービス業が数多く進出しているような状況もあるわけですし、早急にしっかりとした、また毅然とした対応というのへ踏み切る必要があるのではないでしょうか?
コピー商品だけではなくて、根本となるある意味でブランドともいえる日本企業をこうした形で脅かすような風潮を野放しにしておくことはいかがなものかというところでしょう。
とはいえ、これってやっぱりあれなんですかね、こうした日本企業の商品自体はアジア各地の工場で作られている事も多いし、そうした中で商品によっては外注されていたりするものも沢山あるんですよね?
そうすると、そんなに売れる商品で、しかも日本で評判とあれば、日本ブランドの商品が売れるという事はアジアの方々は知っているわけですから、その製品を真似て、コピーして作るどころか、パッケージだけ変えて販売しちゃうなんて言う輩も沢山出てきてしまうといったところなのでしょうか?
それはそれで普通は会社としてやってはいけない事ですが、そのあたり緩々で出来てしまうっていうのが問題でしょうね。
これが日本で起きていた場合には、法律で明確に禁止されていますし、禁止されているだけでなく、そうした商売展開をしている場合には即刻で法的に処罰対象となる場合が殆どですが、アジア職ではなかなかそうした流れにはなりにくい何かがあるのかもしれませんね…
かつては音楽CDの商売でこうしたことが横行しており、海賊版問題として世界中で取り上げられてもいましたが、それは最近どうなのでしょう?
世界的に見てもCDのセールス自体がそもそも世界的に落ち込んでいるような状況で、今はそうした海賊版ビジネスはもう儲からないものとなっているのでしょうか?
あまり日本の街中でもそうしたような街頭販売みたいなものも見かけなくなったようにも思いますが…
他にはテレビ番組がそのままパクられて現地の人気番組として普通に放送されていたりと、著作分野についてのこうした問題は深刻と言えるくらいに問題ありな状況が形を変えて継続中という事なのかもしれませんね。
と、ここまでアジア諸国の事を出して話をしましたが、著作権を侵害するといった明確なレベルまでで語られはしないものの、ここ日本でもそうしたパクリというところについては、結構アジアの諸外国の現状を糾弾できるほど大したものでも無いような気がするのも否めません。
個人的な印象ですが、日本版~とかと言えば済んでしまっているような映画とかドラマとか音楽とかエンタメ関連界隈にはこうしたある意味でライトな表現ともいえる程度のパクリって結構あるような気がします。
これはパクリ=著作権侵害とはまたならないと思うんで、何とも言えませんが…
著作侵害と確定されるところまで行ってなければパクリというライトな表現で済まされているというか、どうなんでしょうかね?これは。
万引きと窃盗っていう表現についてのその言葉から感じる印象の受け止め方の差みたいなもののようなところと似ているような気がしますね。
オマージュっていうのとはまた違うような印象を抱かざるを得ないような場合もあるように感じるのですが…この点については日本の方の多くはどう考えてらっしゃるのでしょうか?とも思ったりもするわけですね。
ま、とはいえ、だからと言ってこうしたアジア圏の日本の商品やサービス業態をパックって営業・販売してしまう行為は早く食い止めないといけないことは確かですが。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP