海外バイナリーオプション比較|フラン高見込んだオプショントレーダー、宝くじ当てる

フラン高見込んだオプショントレーダー、宝くじ当てる

フラン高見込んだオプショントレーダー、宝くじ当てる あ、これ本当に宝くじが当たったって話ではないですよ?
株とか為替投資とかしている人ならすぐにピンとくるニュースかもしれませんが…
「(ブルームバーグ):スイス国立銀行(中央銀行)がスイス・フラン相場の上限を15日に撤廃した。一部の為替オプショントレーダーにとっては持っていた宝くじが大当たりした格好だ。」という事で、ニュースでいわれているのはごく一部そうしたラッキーな人がいましたよ!という話であって、実際には損をした方の方が多かったのではないか?とも思われるわけですが…
このまずオプションって何だ?っていうところで、最近話題にあがっていることの多いバイナリーオプションとはまた違うんですかね?とか、いう事を考える人も居ると思うんですが、バイナリーオプションていうのは10分後(物によってはそれよりも短い時間のものあり)為替が一定のレンジ内で「円高か円安」どちらになるかを予想するというシンプルな、ある意味でハイアンドローとも称されますが、ゲーム感覚的に簡単に出来る為替投資と言えば良いでしょうか?そうしたものです。
で、ここで今回話が出ているオプションというのは、私も詳しくは無いのですがそうしたもの(バイナリーオプションなど様々なオプションと言われる取引)をひとまとめにしてオプション取引と言って、wikipedia曰く「オプション取引(略してオプションとも呼ばれる)とは、デリバティブの一種であり、ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、一定のレート又は価格(行使レート、行使価格)で取引する権利(オプション)を付与・売買する取引である。選択権取引」また、原資産を買う権利についてのオプションを「コールオプション」、売る権利についてのオプションを「プットオプション」と呼ぶみたいです。
で、そんな前段説明を踏まえて…「オプション市場では1ユーロ=1.20フランよりユーロ安・フラン高の水準でユーロを売る権利であるプットが想定元本ベースで総額約50億ユーロ(約6800億円)相当、昨年10月15日以降に決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)に登録され未行使となっていて、このオプションはフランが相場上限を突破するかあるいは上限が撤廃されなければ利益が出ないが、現在の相場では利益を確保できる。」というニュースでした。
が…しかし、このあたり非常に専門的すぎて良くわかりません…
となると、世間で人気になってきていて、様々な話題として取り上げれている事も多いバイナリーオプションというのは、そんな中でも簡単で分かりやすい事で人気になるのもうなずけるという点はあります。
実際、株や為替で儲けようと考えたら、今ここにちらっと引用して挙げたような話なんてパッと読んでなるほどね!と理解できるほどでないと話にならないわけですが、今ではニーサなどもそうですし、知識が無くても簡単に投資投資を低額から楽しめるようなモノというのも出てきていたりと、夢は膨らみます。
ましてや今回の様なこうしたことが起きて「宝くじ」みたいなキーワードがあてがわれると、なんだかちょっと興味をそそられるわけですね。 笑
世の中簡単にぱっと儲けられたらと考える人は沢山いるわけでして…
宝くじなんて言われるとそうした投資の世界へ手を伸ばしてみたりしたくなりますが、、
そんな中、サッカーくじとして有名なtotoがありますが、それだけでなくプロ野球についてもそうしたいわゆる野球くじを導入しようかと話が勧められているという事が先日伝えられましたが、これは2020年に開催予定の東京五輪・パラリンピックのメーン会場である新国立競技場の総事業費についてと辛みがあるようで、その費用が思いのほか膨らみそうなことから野球についてもtotoを解禁して、その新たな収益を新国立競技場の建設費に回しませんか?という事らしいですね。
これによって公費負担増を抑える事が狙えるという事もあって現政権の自民党が現在導入を検討しているという話です。
これ、もうそうならそうで、プロスポーツで人気あるものなら導入しちゃったらどうだろう?って思ったりしちゃいます。
相撲とかなんていいじゃないでしょうか?あ、ちょっとブラックジョークっぽいですか? 笑
でも真面目な話、そこそこの人気あるスポーツならそれによってそのスポーツを観戦する人が増えたりもするんじゃないのかな?とかってに想像してみたりもするんですが…
そんなに甘くないか…
まあ、儲けるっていうのは早々簡単に出来るもんじゃないんでしょうけど、それでも気軽に手を出せるこうしたお小遣い稼ぎみたいな物って良いですよね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP