海外バイナリーオプション比較|フランス・パリに「OMIYA BONSAI in Paris」と題した大宮盆栽のアンテナショップを開く

フランス・パリに「OMIYA BONSAI in Paris」と題した大宮盆栽のアンテナショップを開く

フランス・パリに「OMIYA BONSAI in Paris」と題した大宮盆栽のアンテナショップを開く 輸出拡大を狙い「大宮盆栽」の売り込みへ向け、パリにアンテナショップとなる「OMIYA BONSAI in Paris」を開き、大宮盆栽を世界へ向けて展開してゆくところの様です。
さいたま観光国際協会(さいたま市大宮区、清水志摩子会長)は3月14~22日、大宮盆栽の輸出拡大を目指し、2017年にさいたま市で開催される「世界盆栽大会」のPRを兼ねた企画で、盆栽園「松雪園」(同市北区)園主の黒須輝夫氏(72)による剪定(せんてい)のデモンストレーションなどを行って世界にアピールする。
というものですが、これそも「大宮盆栽」って?というの野が殆ど方の思うところではないでしょうか?
私も同じく盆栽と言われればそれだけならどういうものかは想像できますが、大宮盆栽って何ですか?というのがね…
埼玉の大宮の盆栽?それとも大宮さんっていう有名な家本さんみたいな方の銘柄的なものが付いた盆栽?
何だかよくわかりませんね…
ちょっと調べてみました。
大宮盆栽は、1923(大正12)年に起きた関東大震災をきっかけに、現在の東京都文京区千駄木に多く住んでいた植木屋が大宮に移ってきたことが契機となって、盛んになった。これは埼玉県さいたま市北区盆栽町に、盆栽業者が集団移住して形成された「盆栽村」と呼ばれる集落があり、日本屈指の盆栽郷とされ、海外の盆栽愛好家にも知られる地区として2010年には、世界で初となる公立の「盆栽美術館」がさいたま市内に誕生している。
大宮盆栽はこうした流れをくむ盆栽の世界では最高ブランドとしても名高い盆栽の事でもあるようです。
ようするに、大宮盆栽としての歴史はまだ90年ですが、ある意味で伝統工芸と言ったような分野で、京都などの様々な伝統物が世界に進出しようとこの数年来頑張っている現状と同じように、この大宮盆栽についてもジャパンオリジナルとして世界により発信してゆく形が広がってゆくのかもしれませんね。
こうした動きは素晴らしい事ですし、どんどん続けていって欲しいところですが、マイノリティな文化である点は否めないですし、これを大きなビジネスとして日本経済を刺激するようなモノにまで成長させる…というのはちょっと難しいのかもしれません。
それでも、こうした動きを日本のこうしたマイノリティ分野においても行動してゆくくらいに各業界へ波及して、各業界がもっと世界へ目を向けて国内だけにとどまらない展開を行てゆくことで、もっと様々な大きな展開があるのかもあしれないなあと思ったりもします。
これってチャレンジですし、チャレンジする事を辞めてしまったせいで伸び悩んでしまったビジネス・経済のような気がしたりもするし、そうした流れを再興するためにも下からの突き上げ?によって経済を活性出来るような動きを大企業ばかりに頼らず、中小の方からもチャレンジする発想や行動力を持っていかなければならないのかもしれません。
先に大きくなった大企業も最初は中小だったものが殆どですし、そうした時にチャレンジしたからこそ今でこそ大企業という事もあるでしょう。
NHKの朝の連ドラなんかでもやっていますが、国がとか今ある大企業がどうのこうのという愚痴はそれはそれ、事業者としてはそれとは別に皆チャレンジを始めてほしいところかなとも思います。
大変な事や困った時には上のせいにするのはいつの時代でも同じですが、それでは結局他力本願なところで、変えたいのであれば待っていてはだめだし、動くしかないんですよね。
そういった風潮はなんだか現在の日本のそうした下請け的な立場に甘んじている企業には欠け過ぎているような気がしますね。
今のままで誰か何とかして下さいよ!っていう姿勢はどうか?という事ですね。
というのが、こうした伝統工芸の様な分野の方々はこれまでもずっと意外と広い目で見て世界展開を意欲的に行ってゆくという行動をとってきていたりもして、古い体制とか考え方で行われているような物ほど、実は先進性をもってチャレンジし続けているというのが実際の様にも改めて思いました。
今後こうしたチャレンジを続けていけるかどうか?が日本経済活性には大きな分かれ道?というような気もします。
とはいっても…そう簡単にチャレンジなんて出来ないだよ…とかという事で、そうならないんではないか?とも思いますが、それが出来ないと変革は無いんですよね、、、多分。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP