海外バイナリーオプション比較|三越伊勢丹、フランス産赤ワインにガラス片混入 自主回収を開始

三越伊勢丹、フランス産赤ワインにガラス片混入 自主回収を開始

三越伊勢丹、フランス産赤ワインにガラス片混入 自主回収を開始 こうした食の安全問題として一緒くたに今報道されているニュースですが…
またちょっと今度はなんだそれ…というものですね…。
「三越伊勢丹ホールディングスは13日、子会社のセンチュリートレーディングカンパニー(東京都新宿区)が販売したフランス産赤ワインにガラス片が混入していたことが、消費者からの通報でわかったと発表した。13日に対象となる300本の自主回収を始めた。」
これはこれまでの食品系の安全問題とは違いデパートで販売されている商品についての問題と言ったようですね。
もしかしたら詳細と真相がはっきり買い目するよりも前に違った形であれやこれやと騒がれ始める前の事前策でとりあえず回収されたのでしょう?
どうしてそんなことを思うか?というと、個人的にですが、ここまでのあれやこれやですが、普通に考えてというか便乗犯だとか愉快犯的な形で嫌がらせを受けているのではないか?と思ってしまう感じがするからなんです。
製造過程で混入されるはずの無い状況だとか、調べたところそうした形では無いと判明している?わけですよね?そうすると、現状的にも強く出にくい状況にあるマックなんかの場合には好い標的と思われなくもない気がしてしまう。
確かにああした会見の場に社長が出てこなかったといったところでたたかれたりするのは仕方がない事かもしれないですが、どんな状況下で歯が入るか?って事を考えたら、故意以外には考えられないですよね?というのが個人的な感想なのですが。
こうした問題最近は頻発しすぎていてなんだかなあというのが率直な感想です。
特にこのワインの問題なんてどうなんでしょう?製造過程でガラス片なんて今夕する可能性あるものでしょうか?
詳しい製造工程を知っているわけではないですから何とも言えませんが、普通に瀕死室管理している中でそうした現状が起こり得るとは思えないし、いづれにしても故意の面は疑わざるをえないところなのでは?と思ってしまいます。
先ごろに起きた冷凍食品の毒物混入問題もそうですが、あれは故意に従業員がというものでしたが…
そうでないとしてもこうしたものは報道されると愉快犯というような輩の出現も否めないところはる様にも思いますし、難しいところですよね。
かといって報道しなければ知らないところで被害が拡大する恐れもあるわけですし、その点ではする必要もある。
何だか社会的に病んでしまっているのか、それとも他の理由がるのか?定かではありませんが、早く落ち着いてほしいと願うばかりです。
特にマクドナルドの件についてなどは、それ以外にも様々な問題がこの1年の間だけでも実に沢山の事が報道されてきていて、業績悪化というところへの負荷打撃を食らっているような印象ですし、このまま行くと日本でマクドナルドの運営自体が危ぶまれる事態にまで発展するような、そうした事態は避けてほしいところ。
特に最近では、こうしたファーストフード店の牙城を脅かすような勢いでコンビニチェーンの攻勢も沢山あります。
カフェ展開のような形でセブンイレブンをはじめ多くのコンビニチェーンが好調な流れをキープしてきているようなものもそうですし、特化型のビジネスでは無いビジネスが好調で上手く立ち振る舞って業績を伸ばしてきているようなところもあるのは確かだと思いますが、それとは別に特化型のビジネスはそれはそれで特化した商品でしっかりしたものを納得のゆく価格で提供してくれているものなどについては応援したいなと思うようなところもあるので、マクドナルドの商品が好きかどうかは別にしても、頑張ってほしいと思ったりもするわけです。
確かに安かろう良かろう的な時代はそろそろやめにして頂きたいと思ったりもしますが、コスパという点で無理のない展開であればそれは歓迎だし、悪い事でもないとは思うんですよね。
ま、食の安全という意味で言えばファーストフードそのものの健康に及ぼす何がしかと考えたら、体に良いというものでは無いのかもしれませんが、それを言い出すと、既製品の食品はどれもこれも…となってしまいますし、また違った問題になってしまうような。 笑
本当は地産池消と言われる形で自給自足が本当の意味で出来る社会であれば良いですが、現代社会で全市民がそうした食生活を送るように切り替えるというのは壮大すぎて現実的ではありませんし、せめて、安心して食生活を送れる世の中でだけはあってほしいといったところでしょうか?
輸入に頼るところの大きい日本についてはこの点今後もますます大きな問題点として気を付けてゆかねばならないところでしょうね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP