海外バイナリーオプション比較|KDDI、料金引き下げで「ドコモ光」に対抗 一部店舗の事前告知を問題視

KDDI、料金引き下げで「ドコモ光」に対抗 一部店舗の事前告知を問題視

KDDI、料金引き下げで「ドコモ光」に対抗 一部店舗の事前告知を問題視 KDDIの田中孝司社長はフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、NTTドコモが2月中旬提供開始予定として提供する「ドコモ光」に対抗して料金を引き下げる方向で検討していることが12日までに分かった。というニュースですが…

これについてauの田中氏は「NTTの光サービス卸売りを、これまでの市場競争の枠組みを覆す(販売方法の)コペルニクス的転換と指摘しているという事で、鵜浦博夫NTT社長が「(公共事業者を想定した現行法の)卸役務で十分だと主張するのは、政府の資本が入った特殊法人としてはあまりに拙速だ」と断じ、すでに一部のドコモショップで行われている「ドコモ光」の事前告知を問題視しているというニュースですね。
こうした通信業界内での争いというか獲得競争はますます激化して言っているような印象です。
昨今では携帯電話事業で主力であった通話が中心となるようなプランで各社しのぎを削ってきたようなところが有ったのも今は昔、今ではスマートホンの登場やタブレットの登場なども相まって、通話よりも通信=ネット通信における消費の需要の高まりとともに、その利用者の費用の使いどころも移り変わり、今では通話よりネット、ネット通信費に費用を割くことがそのほとんどともなりました。
そうした流れもあってでしょう、今では携帯契約プランにおいても通話よりも通信の分野に比重を置いたプラン展開が様々に組まれており、固定費としての形で契約する方々も少なくないのがその現状ともなれば、ビジネス的に稼ぐためには、そうしたネットに傾倒した形で事業展開する事が業績を上げるためには必要不可欠なのは言うまでもないところでしょう。
そうした中で、同時に激化しつつあるのが、こうした光回線などの移動通信では無い固定回線型の通信契約とのセット商法とでもいうものでしょうか?
セットで契約するとモバイル通信契約がお得に使えるというもので、DoCoMoやauなどの戦略は今とても話題になっているところだと思います。
ソフトバンクについてもかつてのyahoo BBなどで展開していたADSLをはじめ、そうしたセット割引プランの展開をおこなってはいるものの、DoCoMoやauほどには今のところまだ大きく話題にあがってくるような展開は無いように思います。
と、こうした形で、自宅のネット通信費用とのセット割引合戦は徐々に激化してきており、今後益々そのあたりは激しい争いが繰り広げられてゆくのかもしれません。
そこで、素朴な疑問として…というところで、、、
これだけスマホやタブレットなどのモバイル通信が充実され、実質的にネットを行っているユーザーの殆どはモバイル端末でネットを行っているような状況となっているような現代で、そこまで自宅の固定回線を利用しているような事ってあるんでしょうか?という事ですね。
これは、結局のところですが、モバイル端末の通信料制限というものが関係しているのかもしれませんね。
月間5ギガや7ギガ制限とかDoCoMoは無くなったようですが、3日で1ギガという使用量制限などもあり、自宅では固定回線などをwifi環境化し、高速通信を自他の場合には自宅wifi環境下で光回線などの固定回線を活用する事で上手にネット・データ通信を行いましょうというような流れがあるものからと考えられます。
このあたりは通信業者の目論見ではありませんが、もしかしたらそうしたところで、出来るだけ通信量で売上を伸ばすためにモバイルの通信制限をうまく活用しているところももしかしたらあるのかも?などと個人的には勘ぐってしまいますが…
そうではないとして、実質的にはそうした使い方を余儀なくされるような状況ではあります。
もともとこうした使い方を余儀なくされると言われていたり思われたりしていた層というのは通信量を普通の人よりも多く消費する方とされていましたが、モバイル通信端末で動画コンテンツを見る事が一般化し、それに近いデータ消費量を伴う通信を活用するようなコンテンツも増えた事によって、当初よりもこの通信制限にかかるユーザーは増えているのでは?とも思います。
そうなった場合には、結局やっぱり自宅に固定回線が必要かな?という事が出てきているユーザーが急増してきているという事でもあるのかな?と。
そうした場合に、通信事業者はユーザーのデータ通信状況については確実に把握しているわけで、こうした行程回線とのお得プラン展開で攻勢をかける事業計画というのは出てきて当然ですよね。
とはいえ、やはりそこはauなどからしてみればDoCoMoはその点でかなりもともと有利なところがありますから、色々なこれまでのDoCoMo成り立ちまでなどの経緯を考えれば「ちょっと待てよ」と言いたくなることがあるという事でしょう。
DoCoMoはそれはそれでモバイル事業の面においては苦境が続いてきているわけですから、ここで再攻勢をかけるには最高のタイミングだしと言ったところで攻めに転じているといったところでしょうか?
消費者にとってはこうした競争は良い方に転べば嬉しいところですが…
そもそも多重に通信契約を結びたくないから、モバイル回線なら1家族あたりで1回線としてまとめてもらって今よりも低い料金設定を儲けてもらうか、値段も回線契約のスタイルも今のままで良いから通信制限を無くしてほしい…これが正直なところでしょうか?
その上で更なる超高速回線を手に入れたい人は自宅固定回線も更に契約するとか、そうした様になってもらえるとありがたいのですが…
このあたりは難しいんでしょうね…

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP