海外バイナリーオプション比較|マクドナルドのポテトが復活!1月から全サイズで販売再開

マクドナルドのポテトが復活!1月から全サイズで販売再開

マクドナルドのポテトが復活!1月から全サイズで販売再開 先日伝えられたマックポテトの衝撃ですが… 笑
どうやら回避される見通しの様です。
「マクドナルドで S サイズのみに制限されていた「マックフライポテト」について、2015年1月5日10時30分より全サイズでの販売が再開」というニュースがありましたね。
とはいっても、これによってそれならマックに行こう!とはならないとは思いますが…
だって冷静に考えてみましょう?ただ通常に戻っただけですからね。
もちろん頻繁に利用していた人が、利用を控えていたなんて言うことああるかもしれませんが、マクドナルドの業績低迷については、そうしたユーザー層ではなくて、もっと以前から離れてしまっている層に戻ってきてもらう事が重要なわけですし、このポテトのサイズ復活は逆に「それならなおさら行く気がしない」とした雰囲気にさせてしまった事象だったわけですから、今回のこの問題回避によって戻ってくる層は、これまでも普通に利用していた層がまた戻ってくるといっただけの事で、少し前の現状に戻ったというだけの事ですよね。
このポテト問題ですが、ニュースではやっぱり一番大きなチェーン展開をしていると考えられるマクドナルドでだけの様に印象としては伝わってきていましたが、他のハンバーガーチェーンも同じ状況に立たされていたらしく、先日の事ですが個人的にバーガーキングへ足を運んだ際にも代替えポテトの話が張り紙で出されており、私hあ特に気にする事なく購入しましたが、年末の休暇中とあってか、訪れた親子連れの方々はその張り紙をみるなり「えー!?マックだけじゃないの?」という言葉とともにお店を立ち去って行った後継を目にしました。
やっぱりこうしたファストフードは味はもちろんそうですし、子供からしてみればマックならハッピーセットのおもちゃとかもそうですが、結局のところそこではなくてお金を出す身からすれば「コスパ」この一点に尽きるという事ですよね?
ファストフードという物自体が、ここ日本においての文化に定着してきた流れはそれでしたし、海外と比べて食意識の違いがあるので、そもそもがそういう認識なわけです。
ですからコスパ感が薄れた時点で無価値に近くなってしまうというのが現実ですよね。
ファストフード店自体がそうした販売展開の仕方をしてきたわけですから、それを今になって方向転換して上手くゆくわけはないし…という事でしょう。
ですから、このポテト問題って思いのほか大きな痛手、さらなる悪い経営状態への追い討ちになってしまったのではないでしょうか?
日本人にとっては食事とおやつの中間的な存在ともいえるファストフード、いてみれば中途半端な存在であるところです。
そうしたものとしてとらえている面で、別にクオリティの高い食を求めていないけれど活用する需要理由は「そこそこ美味しくてコスパに優れている」といったような点です。
この方向展開で進んでいない?というかあいまいゾーンで好調に見えるカフェ系ですが、それはコンビニチェーンが目を付けたようにオイシイところなんでしょう。
考えてみれば、コーヒー自体がそもそも高いものでしたし、それから考えれば安い金額でそこそこのものが飲めるわけですからね。
販売する方にとっても購入する側にとってもバランス良い話でしょう。
大体がと言いますか、コーヒーをブラックで楽しむといった層って意外と少ないんじゃないのか?と思うんです。
普通甘いミルクコーヒーやカフェオレ・カフェラテ類をコーヒーとして飲むのが一般的にも多いパターンでは?と。
そう考えた場合には、言ってみれば味付けでごまかせるコーヒーショップはこだわりのコーヒーを出しているようなカフェ・喫茶店に比べ回転率も上げやすいし特別に良いコーヒー豆でなくとも、変な話味をごまかせるならそれで良いわけですから、お店側のコスパも最高です。
で、需要側としてはもともとのカフェや喫茶店の値段よりも安ければ良いわけで、上手い戦略だよね?と思うわけです。
更にちょっとこれまでよりもおしゃれ感が足されて、特に欧米コンプレックスと言われるようなところのある日本人・アジア人にとってみれば、もうそれだけで飛びつくネタなわけですよね。
とはいってもそのスタートダッシュだけで終わらず長く経営展開が出来ているスタバなんかは凄いと思うんですが。
ドーナツ系にもそうした趣はあったものの、結局のところミスド(ミスタードーナツ)帰りしているような気がするし、意外とそう簡単でもない事はまああれですけど…
いづれにしても始まりが肝心だという事と、ブレない事が肝心であるというのは商売の鉄則の様な気がしますね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP