海外バイナリーオプション比較|政府の経済対策は統一地方選へ「地域重視」、GDP0.7%押し上げ

政府の経済対策は統一地方選へ「地域重視」、GDP0.7%押し上げ

政府の経済対策は統一地方選へ「地域重視」、GDP0.7%押し上げ 年度決算としてはまだ来年年明けになってからの話ですからあれですが…
年末ですし2014年の総決算的な意味合いでこうした形で結局のところどうなのか?という話としての今年の締めというところでしょうか。
「政府は27日、景気の下支えに向けた3.5兆円の経済対策を閣議決定。地方自治体の状況に応じて柔軟に活用できる交付金を創設するなどし、国内総生産(GDP、実質)を0.7%程度増やす狙い。」
という事で、これは「来春の統一地方選をにらみ、地域経済を下支えする姿を鮮明にする。」という事での話の様ですね。
実際にここ最近聞かれる一連の地方創生っていう話に関するあれやこれやの話題ですが、本当に出来るかできないか?はさておき、政治屋さんや官僚の方々の指し示すビジョン自体がなんだか現実離れしているというか、確かに頑張っている事は認めないわけではないですし、それが間違っているとは思いません。
ですが、そのビジョン展開として考えた場合に、どこかしら甘い考えといったような点があるように感じてしまうのは否めないのが一般的な感覚であるように感じます。
高齢化社会になる事は間違いないし、今現在既にそうした状態ですが、その高齢化したところへ若い世代が流入や戻ってこないとその計画自体が微妙な所なはずですが、あちこちで展開されている議論の中心として取り上げられているのが農家などの産業を盛り上げてといったようなところがまず中心に聞かれるように思います。
農業支援的な話とかもそうですね。
でも、それって確かに地元にいる高齢者の方々には耳馴染み良いですし、そうした話をされれば、自分たちの余生などを考えて、そうした取り組みをしてくれようとしている政党や政策を支持したくなるもので、勿論選挙時にはそうした政党へという事になるでしょう。
でも、実際にまずこれからの世代がそうした地方創生には重要なわけですから、どうしても頭の中で、それといま展開されている地方創生の話がしっかりとした形でリンクしてこないのは私でけでしょうか?
見込みが甘いなんて言う話も聞かれますが、個人的にはそれ以前の話で…
そもそも本気で地方創生なんてする気があるのか?とりあえずあと15年とか20年くらいこれでだましだまし送ってあとは知らんよと逃げ得的な事を考えて今の主導層は今だけ、またはちょっと先だけの自分の余生を考えているに過ぎない様にも感じてしまうという…
そうした微妙な印象になっていて、それだから若者世代はその話についてこないし、幾ら政治でそうした動きを作ると言っても盛り上がらずに結局ポーズで終わってしまうとか、企画倒れになってしまうという…
結局見透かされているということなんで、微妙じゃないか?と。
それによって誰が悪いとかそんなことを言っても仕方ないですし、意味ない事ではあるのですが、こうした話題は世の常で、本当に改革として動こうという状況、言ってみれば国家の危機的な状況にでもならないと、こうした経済的な状況って良くも悪くもエンジンがかかって展開してゆく状況にはならない…っていうのは歴史を見てもそういうことじゃないの?と思ったりしてしまうんですよね。
そこに来て、実際問題として戦争というキーワードが良く持ち出されるので、そこで集団的自衛権に関する策略的な意味合いの話なんていうのも持ち上げられますが、そこは冷静に切り離して考えた方が良いのかもしれないし、そうではなくこうした社会の流れに関する話としては一連で考えなければならないのかもしれないし…
何だかまったく本当にカオス=混沌としてきたなという印象の世の中に…というところです。
経済が破綻するとかしないとかももちろんですが、それはそう簡単に今の日本で一気に巻き起こるとは思えませんが、その前にいわゆる格差社会といった点でその格差の広がるスピードがすごい勢いで 更に進んでゆくのではないか?とか思うところです。
日本の良いところとかと考える時、だたい海外と比べて語られる事が多いわけですが、そうした中でも一番良いところと言えば、なんだかんだと言って、その格差自体が無いとはいわないものの、極端な格差社会がある現状ではないというところが挙げられていると思います。
それによって治安が良かったりもするんでしょうし、そうしたものがこうした流れから格差が広がれば治安の悪化も懸念されるし、安心して生活できて来た日本伝説も終わりに向かってゆくのでは?ということも考えてしまうほどです。
何か最近は一気にすべてを変えてゆこうとする流れが多いような気がしますが、これと言ってすべての元凶みたいなものははっきりしないわけだし、全ては連鎖していると考えるのであれば、全ての細かなところをもっと見てゆく必要があるのでは?と。
企画段階で段取りを間違えれば最終的な和は大きく乱れてしまうという事ではないでしょうか?

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP