海外バイナリーオプション比較|愛されて30周年、なぜ「ビックリマン」はいまだに売れ続けるのか?

愛されて30周年、なぜ「ビックリマン」はいまだに売れ続けるのか?

愛されて30周年、なぜ「ビックリマン」はいまだに売れ続けるのか? 特に30代以降あたりの世代にとっては懐かしい事必至のビックリマンですが、現在もなお愛され続けて販売され、なんと30周年を迎えるとは驚きですね。
価格こそ当時からは値上がりしたものの、あのチョコの味とシールについては人気も未だというところの様です。
とは言っても昨今様々な登場が見られるこうしたキャラクター商品の中で、主だったところと言えば現在はシールそのものといったところに集約されているビックリマンはどの程度の検討をみせているのでしょうか?
かつてはアイスまでも展開されていたり、それこそ現在放映されて大人気の妖怪ウォッチではありませんが、当時はそうしたものと引けを取らぬ人気と勢いのあったキャラクター商品であった事は間違いありません。
このビックリマンですが、当初はこうした天使vs悪魔シリーズとしてのキャラクターものでは無くて、ドッキリシールというコメディ調のシールがおまけとしてついていたのが始まり。
それを知る世代となると40代前後あたりの層、それも初期の話となるのでごく一部の人達が知るところでしょうか?
その後もいくつかの経緯を経て売上を伸ばす努力はつづけたものの上手くゆかず…
売り上げは下がり続ける一方…といったところで路線変更から天使vs悪魔シリーズへと方向転換したところの大ヒットへとつながったようですね。
これが起死回生の一発!といった感じで現在へ続くビックリマンと言えば~の系譜となっているところです。
このヒットの要因の最大点としてはやはり「キラキラシール」とか三すくみ仕様となっていた天使・悪魔・お守りの仕様でしょうか?
これに伴ってストリーが出来上がっていったことで、その後のビックリマンの漫画・アニメのヒットへともつながったのでは?と言われています。
これ、よくよく考えてみると、現代のヒットするキャラクターものにもその系譜は受け継がれていると思うんです。
ポケモンにせよ妖怪ウォッチにせよそうした様な仕様を取り入れているし、少し前であればカードゲームが題材になり、実際にそのカードゲームが発売され大ヒットにもなった遊戯王もしかり。
その遊戯王は世界的にも人気です。
さらにもう少し広げてみてみると、それはゲームの世界にも広がりを見せていて、特に昨今のスマホにおける国産ゲームでヒットする物を見てゆくと、パズドラやモンストなどは結局のところビックリマン仕様とも言えるようなところもありますよね?
カードゲームの始祖みたいなことを模索してゆくとビックリマンではないかもしれませんが、それでも、日本だけで考えてみると、やっぱりそうした仕様というか枠組みというか、当時の子供たちに、そのスタンダード路線を作ったビックリマンは凄いんだなと思ったりもします。
そのスタンダード路線があったからこそ、その後に様々に登場してくる新たなものは次々とヒットし、その時代それぞれの子供たちに親しまれてきたし、それが今のスマホゲームでも花開いているというところでは?と考えたりするところです。
子供時代のそうしたビックリマンに始まった系譜に慣れ親しんだ人たちが大人になって、言ってみれば「ようするにビックリマンだよね」とか「遊戯王でしょ」とか、それと同時期に同じような仕様というような事でも考えられるドラゴンクエスト(ドラクエ)、それがあったおかげでつながったファイナルファンタジーなどなど、良質で人気の国産ゲームの躍進にもつながっていったように感じます。
どれもこれも現在もそうですが、やはりキャラクターあってのたまもので、そこへの力の入れようは現在も同じでしょう。
そしてこうしたものが世界へ羽ばたいていったりもしているわけで、子供文化とはいえ侮れません。
世界的な輸出産業の一つだとみても遜色ない大きなビジネスでしょうし、実際にゲーム業界としてはハード・ソフトを含む国産のメーカーが海外へ沢山躍進しています。
その時代時代で、そうした商品を生み出す側にいる方々は別にして、大半の大人たちはそれを子供のものでくだらないものというくらいにしか見ていませんでしたが、時代を経過してみてゆくと、意外とそうした「くだらないもの」が世界のビジネスへの躍進への突破口へとつながっていいる事は多々あったりもするわけですよね?
インターネットなんて当初はそうした様な趣で世界中から軽視されていたわけですが、現在ではそれなしでは語れない世界・社会へとなっているわけですから。
そうした一見無価値…「良識ある大人にとっては無価値」と思えるような物にこそ未来の経済発展があるのかもしれませんよね?

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP