海外バイナリーオプション比較|迷走するブラック批判「ワタミ」…再び「値下げ」断行、後手後手の悪循環

迷走するブラック批判「ワタミ」…再び「値下げ」断行、後手後手の悪循環

迷走するブラック批判「ワタミ」…再び「値下げ」断行、後手後手の悪循環 これある意味でちょっと悪意あるタイトルの様な気がしないでもないですが、事実は事実として、まぁ事実迷走状態とは言えるのかもしれません。
というかそもそもがある意味で迷走だったような気がしないでもないですが…
ニュースの内容は?というと「20億円の最終黒字だった平成27年3月期決算の連結業績見通しを下方修正し、30億円の赤字に転落」
というところかららしいのですがこれだけでさすがにニュースを伝える側も迷走とは言いません。
そこでやはり取りざたされるのが…一連のブラック企業問題に端を発した労働環境についてのあれやこれやから生じた業績悪化の点です。
「過酷な労働を従業員やアルバイトに強いる“ブラック企業"との批判を受け、人手不足解消に向け店舗数を削減」
これですね、そしてその結果どうなったのか?
「客足は減る一方で危機的な状況を迎えている。」
という事でこうなってくると営業・経営努力で何とかしなければならないのですが、そこで、昨今先に挙げたように騒がれてしまった労働面においての負荷だったり、人件費コスト面でのコストカットを行うわけにもいかず?という事でしょうか?
こうした厳しい経営状況の最中に行われたのは…
「値下げ」と単なる「現経営トップによる前任者/トップ批判」
これには記者でなくとも私もア然です…
それは一瞬「悪意ある?」と思えるようなニュースタイトルを付けられても仕方無いな…と思ってしまうところ。
「業績改善に向けた施策は二転三転し、打つ手が裏目に出る悪循環の出口は見えないまま」
まあこういわれても仕方のないところですよね。
で、「値下げはしても客単価は下げない」という事らしく、それってどうやんの?が率直なイメージですね。
もしかして店舗ごとに厳しい営業ノルマでも?そのなれの果てにまた過酷労働が…?とか想像してしまいました。
そもそもですね、競合がひしめく時代になった今、こうした点でそう簡単に特別安くもなくですよ?それこそ特別に味が美味しいなんていうワケでもなく、安さが人気で栄えたこうしたものが、良くないイメージが付いた、しかもブラック企業なんていう、それこそ消費者はこうした店の場合には学生や一般サラリーマン層だったりするんですから、そうした消費者層の人たちから一回良くないイメージで見られてしまうと、利用する事は味方する事なんじゃないか?だったら行くのやめようかとか、他にもどこか粗が無いか?とかの目的で面白半分でネット拡散を悪ふざけ半分で?行おうと来店するような若い層だったりとか、そうした悪循環のスパイラルにハマっていってしまってるわけですからね。
これはもうイメージをがらりと変える方向性に何か進まないとどうしようもないというか…
悪いイメージってこういった商売でついてしまうと怖いな…とつくづく思いますね。
少し前にはエステの会社話でこうした話上がっていましたが、まず初めにワタミの場合はこの前のユニクロもそうですが事実ならそれはそれで認めてしまい謝罪する方が逆に無難だったのではないか?と思うんですよね。
なんかそういう事もあったけど、そんなに私たちは悪くないんですよ?みたいな感じにするから逆にヒートアップしちゃうような気がします。
まあかといって認めて平謝りで謝罪したら、それはそれで大炎上状態にもなるかもしれませんが、中途半端に毒抜きしようとして微妙に具合悪い状態が長続きしてしまうよりは、一回すっきりと毒抜きするつもりで大炎上しちゃった方が良かったんじゃないか?て思ったりもしました。
とは言っても働いている従業員の方は沢山いるわけですから、その方々が路頭に迷うような事態になってはそれはそれであれなんですが…
それでもこの問題の経営トップがしっかり非を認めて120%の謝罪に出ていたら、意外と早くこういう状態からは脱却できていたんじゃ?なんて思うのですが、どうでしょう?
大体色々な問題が芸能人だとか企業で起きた時ってそうですけど、一旦まるっきり認めてしまった時の方がその後の復活が早かったりするような気がするんですよね?
一回燃え尽きてしまうところまで騒ぎが炎上してしまうと、皆疲れますし、それ以上にはならない上に完全に毒抜きされちゃうんで、わずか半年とかで「あぁそんなことあったね あれ、それって今年の話だったっけ?」なんて言う程度のいい加減な感情論でぶつかっていることが殆どな気がしていたりとか。
わざわざ火消すればするほど燃え盛るのがこうした社会悪的な取り扱われ方をした事柄の顛末なのは常の様な気がしますね。
とはいえ、ワタミどうなるんでしょう?今では事業展開が居酒屋だけでなく介護だとか多方面に広がっているだけに、関係する人々も多いでしょうから、ある意味心配ですね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP