海外バイナリーオプション比較|VAIOブランドの格安スマホが2015年1月に誕生? 日本通信との協業を正式発表

VAIOブランドの格安スマホが2015年1月に誕生? 日本通信との協業を正式発表

VAIOブランドの格安スマホが2015年1月に誕生? 日本通信との協業を正式発表 時代の流れですかね?後発組とは言うもののやはりこうしたコンピューターメーカーはそうした路線へシフトチェンジしてゆくのが妥当という事でしょうか?
確かに考えてみれば、コンピュター=PCについてはある一定の需要層のみが必要とする代物という事ではあるかもしれません。
そもそもの一般家庭や個人の消費需要というところで考えれば、PCによって行っていた事って、これまでも現在もネットとメールと動画試聴あたりが関の山というというところで、スペックで言えばそのあたりを良い感じでクリアしてくれるまでの機能・能力はスマホで必要十分なほどまでになってきているのが現実的なところです。
対してPCによって何をするのか?と言われればよほど専門的な事でもなければ特別に必要としないような状況である事は間違いありません。
勿論今後の未来で考えた場合にそうではない流れというのが出て来るのかもしれませんが、近い将来=未来で考えれば現在のところで賄い切れている程度のところまででしょう。
そこに来てスマホの大画面化も伴い、既にタブレット需要さえも落ち込んでいると考えると…この事業転換に近いメイン・軸のシフトチェンジは間違っていないのかもしれません。
とは言えスマホメーカー各社はここまででも様々なところが思うようなビジネス軌道を描かずに苦戦しているようなところは否めません。
私たちの知る限り、わかりやすいところで言えば成功しているように見えるのはアンドロイド勢であればサムスンとソニー、それと対抗する形でアップルのios / iPhoneという事になるのでしょう。
それでも昨今ではサムソンの不調も伝え聞かれます。
そうなると、実のところ一番おいしいというか賢く進んでいるのは、最近直接開発の話は聞かれましたが、スマホそのものを開発販売してこずにOSを開発してきており、かつてのマイクロソフトが他の戦略で進んできているGoogleでしょうか?
それに対してのアップルと考えると世界的に見ればアンドロイド勢の方が拡販の勢いなども含めると強いようですが、十分に健闘していると言っても過言ではないかもしれません。というか、大成功を収めているのは誰が見ても明らかですね。
ここ日本においては若干?アップルのiPhoneの方が需要が多いとも言われていたりもします。
ただやはりそこは価格的な面でのネックでしょうか?世界で考えると格安路線にも走れているアンドロイド勢の勢いの方が強いのかもしれません。
ここにきてアマゾンはタブレットですがキンドルであったり、つい最近は日本ではauから発表のあったモジラ・ファイアーフォックスによるスマホだったりというところでまだまだ新たな波は生れているといったところに、ソニーから独立企業として新たに発進したVAIOブランドからのスマホ事業参入の発表。
VAIOと言えばソニー時代にお尻ポケットに入れて女性が歩く後姿のテレビCMで当時話題にもなったミニノートPCがありましたが、結果からするとなんだかなかったことになっているような気がしてなりません… 笑
とは言えあれはあれで時代的には良いかも?と思わされた記憶もあって、もしかしたら本格スマホ時代到来前の勇み足だったのかもしれませんし、今回その点を考慮して考えれば、既に後発組ですから、奇を衒った物さえ出さなければ順当にVAIOブランドのそのブランド力で良い形での成功を切り開けるのでは?と考えたりもします。
とは言えふたを開けてみなければわかりませんが…
もともとデザインには定評があったものの、個人的には初期以降は結局のところアップル製品のパクリ的デザインに落ちていったVAIOというイメージがあり、最終的なところとしてはそのデザイン性は低いのでは?と思っていたりもあします。
その点で言えば、袂を分かちあったソニーブランドのエクスペリアはしっかりとソニーらしい?デザインをオリジナルに歩んでいるようなところがあるので、その点でVAIOブランドとしてはどういったデザインの方向性で出してくるのか?というのは見てみたいところですね。
スタイリッシュにゆくのか?ポップにゆくのか?
それともその間をつくアップルのiPhoneを中途半端にまねたVAIOブランドのばったもんiPhoneを出してしまうのか…楽しみなところではあります。
私の予想としては最後に挙げた路線で出してしまって「やっちゃったなぁバイオ…」というような予想なのですが、皆さんはいかがでしょうか?
どちらにしてもソニー信者と言いますか、ユーザーはエクスペリアを選ぶのか?VAIOを選ぶのか?このあたりもまた興味深いところでしょう。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP