海外バイナリーオプション比較|ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁

ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁

ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁 「衣料品メーカーのユニクロ」の店長らは過酷な労働環境にあると本で書かれ名誉を傷つけられた」という裁判でしたが、これ、ユニクロ側の上告を受理しない決定をした。
「重要部分は真実と認められる」などとして訴えを退けた一、二審判決が確定したとの事です。

これってユニクロは勝算があって訴えたのか?もしくはポーズとしてというか、黙っているままだと全てを認めている事にもなるから、負けたとしてもその訴えを起こすことで、ある意味「はぐらかす」というか、そういう目的があったのか?とか、なんだか釈然としないような形で結局のところわからないなあという印象ですね。

敗訴確定とはいってもそういう印象が残る感じではないでしょうか?と個人的な感想としてはそう思いました。

で、重要部分は真実として認められるという話ですから、今回の裁判でユニクロがそんなことは無いと言っていた部分でもっとも重要とされていた「過酷労働」とされる点については裁判上では認められた?って事なんですかね?
こうした労働問題って最近特にブラック企業問題とかされて沢山取り上げられるようになりましたし、過労死まですればというところですけど、そうでないとしてもそうしたところで過酷労働という話が出て来ますよね。

ただ、これって何から何までをそれに当てはめる人っていうのもいて、労働基準法の範囲以内で行われている事でも、作業に給料が見合わないとかを混同して一緒に言う人も居ませんか?
そもそも働く前にそれはそういった形で宜しくね?というような話し合いのもと就業していたりもするわけで、給料の面と作業、言ってみればその人の能力ですかね?その点を棚に上げて話をしちゃう人はダメだよね?って思ったりもしますね。

例えばですが、何のスキルも無い人が、有る人並みの給料を求めたらおかしくないですか?って事です。

そのスキルを得るためにはそれなりに大変だろうし、もしかしたらプライベートな時間での努力というのも必要かもしれない。

でも、それが大変すぎるとかという事で、大変なのに、プライベートの時間も使って努力しなきゃいけないのに、この給料って何?っていう人がいるというのもまた現実としてあるような気がします。

これは単なる甘えだし、ただ単にちょっとオカシな人?じゃないの?って思うんですよね。

そういった人達までもがブラック企業どうこうという事でネット上で騒いでいる姿を見ると、それはちょっと…と思ったりもしてしまうわけです。

ですから、それこそ国はこうしたブラック企業と言われるような問題に取り組むといったわけですから、まず明確な線引きを示して、しっかりとどういった物がブラック企業で、どういった物はそうしたものでは無いとか、どこからどこまでをどのようなものとして…というのを示したらいいんだと思うんですよね。

もちろんそれが労働基準法とかそうしたものなんでしょうけど、じゃないとモンスターピアレントじゃないですけども、こうした問題でモンスター化する輩というか、そういった人たちが沢山出てきてしまうような気がしますね。

逆に、中高年の人などは、こうした点である意味の耐性が出来てしまっているというところもあるので、このあたりはそれはそうじゃないだよ?という再認識をする必要もありそうですし、「私たちの時代はさぁ~」とか「今どきは」とかというそのあたりの認識ギャップをしっかりとしたルール整備の中で認識の摺り合わせが出来るような形にならないと、このままこうした部落企業問題というのは解決してゆかないんじゃ?と思ったりします。

「甘え」なのか「過労働」なのか、このあたりの判断が各個人の性格によって左右されてしまっている状況はどちらにとってもプラスには働かないと思うんですね。

それによって労働力の低下を招いて経営危機に陥るような会社が沢山出て来るようでは日本経済の未来も危険ですし、そうした流れに「そうだそうだ」と良く考えもせずに間違った人たちまでもが乗ってしまえば、結果そうした人たちは職にあぶれて失業してしまったりもするとか、国にとっては何一つ良い事がないという事態にもなるんですし、経済再建とか言っているわけですから、消費税も大切かもしれませんが、このあたりの事も一緒にまとめてしっかりと練り上げた上、大きな枠で経済の再建を目指してほしいと思ったりもするところですね。

何にしても、12月14日は選挙ありますから、そこからまた情勢がどう動いてゆくのか?も含め、何はともあれ経済が上向て行く事を祈るばかりです。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP