海外バイナリーオプション比較|「一風堂」海外展開に20億円 クールジャパン機構、ラーメン普及支援

「一風堂」海外展開に20億円 クールジャパン機構、ラーメン普及支援

「一風堂」海外展開に20億円 クールジャパン機構、ラーメン普及支援 こうした日本の食産業の海外展開については沢山の分野で様々な店舗が海外進出を果たしているし、古くは日本食そのものが海外で日本食チェーンとしててんかいされていたりとか、余談ですが最近クラブ系の音楽分野でDJ・アーティストとして話題のスティーブAOKIのお父さんであるロッキー青木(レスリングのオリンピック選手)さんは鉄板焼きレストランチェーン「BENIHANA」の創業者でアメリカで大成功を収めていたりと、海外におけるそうした成功例は意外と沢山あるのが実際のようですね。

それにまたここ最近の日本食ブームっていうのもあるみたいですし、海外では酒もそうですが日本の食というのは何かと人気があるようです。

ただ、そうした場合の殆どの事例というか、そこで取り上げられたり話題になる食は日本にかつてからあるような寿司、てんぷら、酒とかといったようなものや、創作料理的な日本食に
豆腐だとかと言った、言わばソウルフードのようなものばかりがメインのような気がします。

そこで確かに現代日本人のソウルフードとも言えなくもないラーメンですが、これがはたして海外の人にはどう受け止められるのか?は少々疑問な気もします。

だって博多の一風堂だし、油でこってりとはしてますよね?
和食に興味を示すのってやっぱり外人さんは自国の食事に比べてヘルシーとかそういう事で選ぶんであって、わざわざ高カロリーなものって選ぶんでしょうか?という疑問が…
でも牛丼チェーン店なんかは進出していたりもするし、そこは意外と…っていうところなのかな?
目指すのは「欧州や米豪での海外展開」「日本食ファンのさらなる獲得を目指す」って話ですけど、牛丼に比べてあからさまに油感が満載の日本の食べ物「ラーメン」ですからね、ちょっと心配です。

別に私が心配したところでというのはありますが、クールジャパン機構っていうところから20億円の出資なわけで、そもそもこのクールジャパン機構っていうのですが「株式会社海外需要開拓支援機構」というところが運営している組織で、この資金は国から出てたりするんでしょうか???
そのあたりがちょっと良くわかりませんが、、、
少し調べてみると

「日本経済の持続的な成長をはかることを目的として、日本における衣・食・住に関わる生活文化の特徴・特色を生かした魅力ある商品・サービスを海外展開することを支援・推進していくため[1]に、2013年(平成25年)11月25日に出資金375億円を集めて設立」

「日本企業の円滑な海外展開を可能とするため、海外事業への投資の呼び水としてリスクマネーを供給することで、漫画やアニメなどのコンテンツ、ファッション、食、伝統工芸品など、「ジャパン・ブランド」の商材やノウハウを、官民一体となって海外に売り込んでいくこととしている。
機構の設置期間は、概ね20年間[2]とされている。

というような物みたいで、やっぱり官民一体となりと表現があるように一定の資金は国から流れているわけですよね?

となると20億円の割振りがどういう内訳で集められた資金なのか?はちょっとわかりませんが、やるだけやって大失敗にならないことを祈りたいですね…
こうした試みってもっと沢山行われても良いような気もするけど、そこそこのしきんが動くのでヤッパリ不況の今は慎重になるのかな?

でも別にそこまで大きな資金を提供することなく、もっと個人で海外で事業チャレンジするような人たちは沢山いるわけだから、もちろんしっかりと査定はした方が良いでしょうけど、そうしたもっと小さな海外進出の動きへの支援もこうした官民一体の機構の様なところには沢山支援していって欲しいとも思いますよね?

内需も大事ですけど、時代は変わり外需を稼げないとちょっと厳しいって事は数々の日本の大企業がある意味でお手本を見せてくれたわけですからね。

ま、成功のお手本だったらよかったんですが、軒並み失敗のオンパレードだったわけで。

このラーメンの件については、もし成功した場合の日本に対しての経済効果っていうのがどれほどなのか?っていうところももっと知りたいですが、まずはこの20億円をどぶに捨てた事にならぬ様、「一風堂」の皆さんと「クールジャパン機構/株式会社海外需要開拓支援機構」の皆さんには頑張ってほしいところです。

それにしてもラーメンの需要、、、欧米に本当に有るのだろうか? 笑
というかヒットしたらしたで、「ラーメン?日本食じゃないだろ!」というどうでも良いいちゃもんから面倒で意味不明な事態がどこかの国から興されたりしやしないか?とか思ってみたりもしちゃいますね 笑

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP