海外バイナリーオプション比較|吉野家、牛丼など80-120円値上げ 牛肉高騰で17日から、牛皿や牛カルビ丼も

吉野家、牛丼など80-120円値上げ 牛肉高騰で17日から、牛皿や牛カルビ丼も

吉野家、牛丼など80-120円値上げ 牛肉高騰で17日から、牛皿や牛カルビ丼も 来ちゃいましてね…値上げ。

これ先日の日高屋の場合には結局ニュース自体が誤解で、一部店舗にとどまる値上げって事だったらしく、日高屋全店で値上げの話ではなかったみたいですが、今回のこの吉野家のに関しては、これは全店でって事みたいですね。

80円って結構大きいですよね?
そうはいっても、まだまだ安いですが… ワンコインどころか400円を切っているわけですから、吉野屋で牛丼並を昼食でとったあとにセブンカフェで食後のコーヒーをしてもまだおつりがちょっと来る値段です。笑

これ最近ではマック(マクドナルド)ではかなわない現実になっちゃいましたね。

もちろん期間限定で行われているキャンペーンメニューとか100円マックで済ませるのであればそれはそれですが、セットで手軽に食べようと思ってもワンコインというワケにはいかない感じになっちゃいましたから、こうした牛丼チェーン店でワンコインでお釣りがくる食事って中々貴重です。

とはいっても、メニューによっての改定なので、牛丼並盛は300円から380円への80円値上げですが、牛カルビ丼などは120円の値上げとなるみたいで、結構な思い切った値上げですね~と思いました。

普通の頻繁消費するような商品の値上げでここまでの値上げが行われると結構な感じで消費が鈍るようなイメージですが、吉野屋の様なお店の場合にはそのあたりどうなんでしょうか?
安さもそうですが、ここまで沢山の競合他社が登場しているなかで吉野屋へ足を運ぶ理由って「味」であるところもあったりするでしょ?と思うわけです。

確かにどこで食べても牛丼ですが、各社味やボリュームなどに特徴があって、各店のファンというか、牛丼食べるなら何処何処へというような価値観が消費者それぞれの中であるように思えます。

ですから値段が500円を超えたりとかそうした流れにでもならない限りはあまり関係ないのかな?と思ったりもしますよね。

似たような話の展開としては、タバコの値上げもそうでしたが現在の値段まで上がる前の値上げまではあまり顕著に喫煙者がその値段のせいによって減ったという話は聴きませんでした。

ついこの前の値上げのところで結構減ったとか減らないとかという話ですが、タバコの場合には一過性の消費者っていないわけで、食に関してはそうした消費者は沢山いるので、値上がりがあったとしても、まだまだ他の食産業に比べて安いうちは大丈夫なんじゃないか?って思えたりしますね。

で、こういう話になると例のワンオペとかそうしたブラック企業絡み?という憶測でそちらばかりの話に案る事も多いですが、今回の吉野家の値上げについてはいったいどんな理由なのでしょう?
「米国産牛肉の出荷量が現地の干ばつの影響で減少するなど、原材料コストが高くなっているため。
円安の影響もあり、冷凍食品や即席麺で相次いでいる値上げの波が、外食産業にも波及し始めた。」
という事らしく、単純に輸入牛をメインとしており、かねてからアメリカ産牛を使っている吉野屋はそこで値上げをしなくてはならなくなったというところが理由の様です。

それでもここまで爆安ともいえる値段で何十年も走ってきて、一時期はこのアメリカ産牛がBSE問題で輸入できなくなった時には豚丼で乗り切ったりもしてきたりとか、この体力凄いなと思います。

牛丼チェーン店ですし、その牛肉について問題が起きたり、値が上がれば死活問題ですから、一気にやられてしまってもおかしくない中で、これはある意味凄いな…と思いますね。

とは言え、すき屋じゃありませんがその分人件費コストをカットする事でそのすり合わせを行ったりしすぎたりとかそういうのはちょっと硝酸もできませんが、それでも企業ですから、それだって起こりうることで、それに文句を言っても…と思うところもありますね。

企業は人では無いですから人格をそこに求めるような事を言っても仕方がないというか、ビジネスをするためにあるのが企業/会社ですからね、カットしても運営上問題ないと思えるところで、人件費でコスト削減して売上とビジネスを維持できるのであれば、それは致し方ない事と思ったりもします。

とはいうもののゼンショーの場合にはそれが仇となって逆に運営が行えずクローズ店舗が出てしまっている問題があるようですが…
こうしたところって経営判断難しいところですし、多く言われている事ですが私たちも安く安くの考えがブーメランとなって帰ってくることは良く考え、そろそろ安いが一番という考え方を改めた方が良い局面に来ているのかもしれませんね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP