海外バイナリーオプション比較|マランツやデノン製品の付属/消耗品の直販サイトオープン。

マランツやデノン製品の付属/消耗品の直販サイトオープン。

マランツやデノン製品の付属/消耗品の直販サイトオープン。 12月8日からマランツやデノン製品(ディーアンドエムホールディングス)の付属品・耗品・イヤフォンイヤーピース・AVアンプのセットアップマイクなどを直販するサイトである「ディーアンドエム パーツオンラインショップ」をオープン。

ほかの取扱商品としては、アナログプレーヤーの交換用カーリッジ、交換針、イヤーパッド、カウンターウェイト、リモコン、ACアダプタなども取り扱いがあるらしいです。

商品購入方法ともなる代引の場合には、送料一律800円。

ただし、カートリッジの場合は同時引取回収するために送料は1,300円になる。

で、これ、単純に率直な感想ですが…
普通に家電量販店のサイトで購入するか、これまでどおり専門店に足を運んで買うような人たちの需要商品だったりもするから、あえてサイトで買えるようにする意味あったかな?っていうところ。

家電量販店で買えば(もちろん取扱いがあればだけど)ポイントだってつくわけだし…
いちいちメーカーサイトで購入するメリットって…
確かに一部そうしたメーカーサイトで購入した方がお買い得だったりとか、専用のサポートが受けられたりといったメリットが受けられるとか、メーカーサイトでしか売って無いとかそういうのがあればまた別問題ですが、そうでないなら謎…
とはいえ、アナログプレイヤー・レコードプレイヤーなどはちょっとマニアックな需要だから別にしても、それ以外のものは最近のスマホブームとかもあって需要は結構あるんでしょう。

ただ、このメーカーの製品がどうか?は別だよね…と。

最近は先日Appleとの提携を(ほぼ合併みたいな物?)結んだドレで有名なbeats audioの製品が人気だったり、アンドロイドユーザーならsony製品やPhilipsとか?かなと。

というようにほとんどの需要はイヤホンやヘッドフォンに集中しているんじゃないのかな?と思うわけです。

それ以外の関連商品となるとオーディオ系はやっぱりちょっとよりマニアックなものへとなるんだろうし…
とかとか、ですが、、、このスマホブームのおかげでこうした新しい需要に伴う産業の売り上げはこの数年とても伸びているんじゃないか?と思いますね。

スマホであればカバーやケースなどの需要というのもかなり高いので、そちらの産業と併せてもスマホが昨今作り出した付属品系の産業の売り上げというのはすごいものがあるんじゃないか?と思いますね。

ただそうはいっても単価も安く扱われているし、競合する大中小の「企業が乱立している事もあるでしょうから、本来のこうした大手メーカーは人気商品を取り扱っているメーカー以外は、実は苦境に立たされているのかもしれませんね。

スマホメーカーその物に就いてはここ1年くらいの間にだいぶ淘汰されて、appleは勿論ですが、アンドロイド勢では最近は韓国のサムスンもちょっと調子悪いみたいですし、だんだんと絞られてきているような印象ですね。

ま、ウィンドウズフォンはどうした?っていうところですが…。

ノキアもまた復活するとかしないとかと、アンドロイドから撤退気味のたんまつメーカーはそちらへ向かうんでしょうか?
まだまだ少しはそうした紆余曲折の流れがありそうですが、そのあたりそろそろ落ち着くような感じあるような無いような… 笑
とは言えここ日本では他の国に比べてiPhoneユーザーの方が多いというような現状があるらしく、付属品についてもiPhone関連の販売数のが多かったりするんでしょうかね?
家電量販店へ行っても販売スペース的にそうしたスペースの差に表れているといった感じがしますね。

どちらにしても、こうしたちょくはん直販の流れはそうした需要と市場の変化に合わせて敏感にマーケティングが行われての事でしょうし、直販サイトをオープンするくらいですからしっかりとした需要が見込めているんでしょう。

個人的にはソフト管領なら別ですが、ハード関連をそうした直販サイトで個人で購入する事は活用したことが無いので、その点気になりました。

こちらのメーカーのユーザーの方の場合には一度このメーカー直販サイトを覗いてみても良いかもしれませんね。

って気になって見てみたんですが、、、
商品数少なっ! 笑
これもうちょっと商品点数を掲載しておくこと出来なかったんですかね…
ニュースで取り上げてもらってもこれじゃぁね…
インポート系のオーディオ周辺機器の代理店ってところなんでしょうか?
というか高級オーディオ系ですねこれは、私もそうですけど、一般の方々には一先ず用が無さそうですよね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP