海外バイナリーオプション比較|富士通が米国のモノづくり工房TechShopと提携

富士通が米国のモノづくり工房TechShopと提携

富士通が米国のモノづくり工房TechShopと提携 こうした形で海外企業と係る事は今の日本の企業にはとても大切なことだと思いますね。
かつての様な日本の先進性というか技術分野における日本独断上の湯小名状況はもう実質的には無いわけですし、これから先はまた昔のように海外の胸を借りるような形でも再発展してゆかなければならないような状況であるのが、現代の日本のものつくり産業だったりするような気もします。

哀しい現実ですし、今でも日本がそうした分野ではナンバーワンであると自負していたいところですが、世界の状況と併せてみる限りではそうした現状は今の日本にはないように思えて仕方ありません。

特に富士通なんて、パナソニックと並んでスマホ事業で痛手を負っているはずですし…
一部シャープの様なところはその液晶開発技術を転用してモバイル分野で何とか…と頑張ってもいるようですが、現実的には海外勢のコストが安くて性能的にどっこいな感じのところにやられてしまっている状況です。

ソニーに至ってはもはや国内企業とは言えないような形ですし、これから先のこうした技術分野業界の産業ってどんどん厳しい状況に日本は置かれているような感覚がします。

車産業に関しては土壇場のところで何とか踏ん張っているような印象は受けますが、そのあたりも時代の波とか流れは早いですし、今後の数年の未来で、どのように突然敵な変化によって更なる苦境に立たされるかはわかりません。

そうした時に、一度初心に立ち返るわけではありませんが、昔そうした様に、海外企業との交流をもっと図って、胸を借りるような形で再発展を目指すというのはどうでしょうか?と思ったりもするわけです。

かつての車産業なんて正にそれで、結果的には気が付けば一時期は海外を抜いていて、世界中から現代の日本車に対する信頼度を勝ち得てきたような側面もあるわけですから。

しかしその車産業も最近のタカタのエアバッグ問題や、少し前であればプリウスの誤動作騒動など、株価や日本の景気に打撃を与えるような流れもあるし、ちょっと怖いですよね。

そういう一つの歪が最終的に大きなひずみになって景気の悪化、デフレとか不況とかっていうそうした流れになってくるようなものですし…
選挙のたびに言われているような、国民の生活状況などによって不況が起きているかのようなそうした事の前に、まず大きな流れの中で不況に陥る原因が出来上がってしまうというそうした流れの大本をまずは打開していって欲しいと思います。

また、大きな企業にはそうした宿命と責任もあるように思いますし…
とは言え今回のこのニュースについては学生を対象にしてというような話のイベント的なところもありますから、直接的に企業提携の様なそうした話ではないですから、このような話の展開を持ち出す必要は無いのかもしれませんが…
こうしたイベントで関わる事をきっかけに様々な提携展開をして行くような企業って海外の流れでは良く見かける事ですし、もっと沢山増えてゆくと良いですよね。

特にIT分野の産業世界ではこうしたイベントを通じて事業と織り交ぜながら世間にアピールしてゆくような企業は多いですし、それはソフトにせよハードにせよIT界隈では良く行われているような印象ですが、そうしたイベントに日本時が参加しているような話って、最近では少し聞かれるようになったものの、少し前まではほとんど聞かなかったですよね。

ただ、今回のこの米企業についてはこの富士通とのイベントに絡んで2015年内の日本進出を発表していますし、むしろ海外の方がそうしたところ率先的な形ですね。

もちろん富士通は既にアメリカ進出しているわけですからそうした面でどうこうというのはありませんが、IT分野においてはなんだかんだと言ってもやっぱりアメリカが先を走っているわけですから、この機会をうまく活用してテクノロジー分野でさらに頑張ってほしいところだと思います。

こうしたちょっとした「ふ~ん」というようなニュースが実は後で見返してみると、「あの時あれか~」なんていう事は沢山あるし、IT・ネット系の産業についてはそのあたりを国内・内需編重で胡坐をかいて?突き進んできてしまった結果ですから、そこはこれから更に日本人自体がそうした鎖国的?な考え方を改める必要があるでしょうか?
根拠がないわけではないですし、実際にそうした分野が無いわけではないのであれですが、日本が世界でナンバーワンだというある種の幻想はそろそろ一般的な私たちも一度捨てるべき時?とも思ったりもしますね。

どうしてもスポーツとかわかりやすく海外と競う分野ではナンバーワンになれることの少ない日本ですから、そうしたものとは対照的に常に状況が一般人にははっきり見えているようなものでは無いのがこうした産業分野の世界で、そこで一度ナンバーワンと称されて伝わると、そのイメージが国内では定着して、状況が変わったその後もずっとその気でいてしまう傾向もありますから、「え!?そうなの!?」というテクノロジー産業後進国に成り下がりつつある状況だったなんてガラケーって言葉が出て来るまであまりピンときてなかったんじゃないか?とも思えます。

確かに多機能なものを盛り込んだものを小さな物に詰め込める技術は凄いですけど、需要あっての技術ですしね…このあたり考え方をさらに根底から変革しないと、内向きになりすぎてしまいつつあった状況からの脱却は難しいのかもしれないですね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP