海外バイナリーオプション比較|【NAGRAの血統】新ハイレゾポータブル「Lotoo PAWGold」や、HiFiMAN/iFI-Audio新モデル

【NAGRAの血統】新ハイレゾポータブル「Lotoo PAWGold」や、HiFiMAN/iFI-Audio新モデル

【NAGRAの血統】新ハイレゾポータブル「Lotoo PAWGold」や、HiFiMAN/iFI-Audio新モデル 【NAGRAの血統】新ハイレゾポータブル「Lotoo PAWGold」や、HiFiMAN/iFI-Audio新モデル こうしたハイレゾ音源再生の為のプレイヤーは数年前から話題にはなっているものの、いまいち一般的な需要としてはどうなの?というところです。
そもそもハイレゾ音源を聴きたいという一部のマニア向けと言っても良いところで、ネット上ではデジタル音源社会の今を反映するように、そうした音源の高音質化にともなう様々な意見交換がなされているような状況です。
とはいっても、実際にはそうした高音質をどこまで聞き分けられるのか?また感じられるのか?というのは様々なテストしている人たちもいるくらい結構曖昧です。
個人的な感覚からすれば殆ど方はある一定以上の音質については聴き分けられないものと思っています。
そもそもの人間の可聴範囲の話にもなりますし、これは年齢によってもその可聴範囲は異なります。
一説には人種(第一言語が何か)によっても聴きとっている周波数が違うとか聞いたことがありますが…
それを潜在的な体感レベルというか脳的なレベルで言うと聴き分ける事が出来ているというような意見もあるのですが、実際にはリアルに伝わる耳での判断を殆どの場合、普通人は行っていますし、そうしたことで言えばあまりに高音質なところでどこが違うか言ってみろ!とするようなものや、聴き分けテストでは結局聴き分けられないのが普通の人々でしょう。
とはいえ、需要があるからリリースがあるわけで、オーディオマニアのこうしたより高音質への需要というのは尽きえぬという事でしょうか?

「PAWGold」というのは店頭予想価格が、263,888円前後。
「HM-650」というモデルはオープンプライス、アンプカード無しモデルが42,000円前後。
と、ちょっとお高いですが、、、
昔の高給なステレオやコンポなどもこうした値段をしていた事を考えれば特に高価だとも思わない感じもありますね。
ちなみにですが、こうしたいわゆるハイレゾというものですが、いま実はスマホでもある程度の高音質であればCDの44.1kHz/16bitを超えるものもある程度のところまでなら対応しているものがあるんです。
iPhoneなんかは機種にもよるけれど24bit/48kHz、24bit/96kHzで再生は可能だし…と言ったところ。
でも結局イヤホンだとかの最終的な音のアウトプットがアナログになればそれはあまり意味がないというか、本当の意味でのハイレゾとは言わないのですが…
まあ、その辺はなんちゃって的な形でもハイレゾを体験できるという事で、そうした音源を購入してスマホで楽しんでみるというのも手ごろで悪くないのかもしれません。

だからという事で、音楽ビジネスの再盛にもこうした高音質音源の販売は有効に働くのか?と言えばそうした事は無いでしょうね。

そこで始めに話したところに立ち返るわけです「そもそも一般的にはそんなに高音質な音源というものは求められてない」

ダウンロード販売サイトで売られている程度のMP3程度であれば殆ど人間がそれで納得しているし、CDと比べて音質がどうのとは気にしていない人間が多いという事です。

需要が無いのに半端に供給状態を作っても…という事ですね。

こうした流れはホントは皆がしっかりとした素晴らしい音で聴ける環境というのが望ましいのですが、そこは殆ど求められていないので、実質的には音楽はアートではなく商品であり、もっと言ってしまえば消費物=消えモノというような感覚なのでしょう。

哀しいですが、これが音楽というものについての社会的な現在の価値観ですし、そうした流れは世界で一部の「こだわり派」を除いての価値観だという事ですね。

これは音楽ビジネスに関する話として世界各国で語られている通り、こうしたハイレゾ音源ビジネス、今のが良くない状況打破の武器にはならないって事でしょうね。

多くの音楽ファンは、日本にはまだ上陸・解禁されていませんがspotifyに代表されるようなストリーミングサービスであったりで普通に良い音質で聞けさえすればよいわけで、それが人気なのは誰もが知っている通り。

ここにデジタル音源の手軽さに対する価値の低下…という問題が出てきているものの、まだ誰もこの問題を解決する術は見いだせてないのが実情ですね。

現在ではそれが故、コンサート・ライブビジネスによって収益を図っているのが殆どで、それによって成功している新たな形のアーティストというのも沢山出てきているような状況ですし、個人的にはソフトにこだわる音楽の時代はもう終わったんじゃないかな?と思っていたりもします。
新しいビジネススタイルによって淘汰されてゆくものというのはいつの時代もジャンル問わずあるものですからね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP