海外バイナリーオプション比較|人質救出作戦の失敗認める=大統領が実行承認―米

人質救出作戦の失敗認める=大統領が実行承認―米

人質救出作戦の失敗認める=大統領が実行承認―米 米軍がイエメンを拠点とするテロ組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」に捕らわれている米国人フォトジャーナリスト、ルーク・サマーズ氏の救出作戦を実施したがしたものの、発見できず作戦は失敗に終わったとの報道がありました。

こうした救出作戦については、数年来の中東情勢不安定化に伴って沢山のニュースを聞く事にもなってきていますが、いつになったらこの情勢不安定な状況が打開されるのか?
とっても不安ですね。

こうした情勢不安定の波が経済に与える影響というのは誰でもが詳しくなくとも想像し得るところですし、実際に先の中東戦争から長きにわたってその影響は経済に影響を与え続けている状況がぬぐえないといったところの様な気がします。

原油価格にしてもそうですし、輸出輸入の面についてもあちら近海の情勢不安定によって様々な産業でコストが上がっているといったような状況もあるでしょう。

このままあとどれくらいこうした状況が続くのか?はアメリカ次第どころか、もうこうなってきてしまうと誰もわからないといった状況でしょうか?

最近ではアジアの情勢不安定化も叫ばれ続けていて、中国や北朝鮮に加えロシアの動向や韓国の動き、それに加えて経済的な面も含め香港の騒乱など、なんだか昔に社会科で習った近代史の中に再び舞い戻ってしまってきているかのような、そんな危惧さえ覚えます。

だからと言って集団的自衛権の問題も踏まえて、良くも悪くも認識を誤ってしまわないようには考えたいところです。

そんな最中、ここ日本ではこれから総選挙という流れを迎えているわけですが、どうなんでしょう?
今回の選挙によって経済面ではどういった流れが出て来るのか?
少し前の世論調査では、結局のところ与党有利の様な話が伝えられましたが、その影響からなのか?
市場では「ドル/円の120円乗せとユーロ/ドルの1.23ドル割れでどちらが早いか」が話題になっているような流れにもなってきているようです。

ま、一概にそうした選挙の影響が全てではありませんが…
いずれにしても、今後も現在も日本の命題としては景気回復なわけですが、いま伝え聞くような状況からは、個人的には景気が一般的感覚の中で回復しているだとか、回復して行くだとかというような流れには感じられず、今後の10年を考えると不安になるばかりなのは私だけではないでしょう。

それでも未来はやってきますし、明日だってやってきます。

だからこそではありませんが、選挙権を持っている大人はもっと積極的に政治に対して関心を持って選挙に参加する事が必要だと思うし、本来そうあるべきだとはおもうものの、そう思えず参加しようとする気すら起きない…というような人々の感覚もわからなくもないんですよね。

特に若いころなんて、「どーせ」っていう感覚が強くて、実際そうしたどーせっていう状況と結果しか生まれてこなかったというところもあるでしょう。

でも、良い悪い(良かった・悪かった)は別にして先の民主党政権誕生の時もそうですし、その後の自民党による政権奪還もそうでしたが、選挙でゴロっと大きく国の流れってくるんだというのは誰もが経験したわかりやすいものだったんじゃないか?って思うんですよね。

バタフライエフェクトじゃないですが、そうして小さな誰かの1票がどこかで大きな流れを作る1票になるわけで、それが選挙でもあってというところですよね。

もちろん組織票とかそういうのもありますけど、そうした組織よりも、もっとより多くの潜在的な票=投票に行ってない人たちの票がもっともっと動くとまたもっと洗練された選挙によって国の動きというが変わって来るんじゃないか?って思うんです。

だから、意見や考えがあるわけでなくても、政治に詳しくなくても、世の中に不満くらいなら小さなものだとしても、それなら誰でも一つや二つ持っているじゃないですか?

そうした観点からの判断スタートで選挙前の情報やニュースを見て投票に行ってみるだけでも未来は大きく変わる事はあるっていう実感を得られる時はあるし、それがきっかけになってもっと広い視野で生活っていうものを考えてみたりすることにもつながるから、結果どこかで国が豊かになってゆく方向にもなるんじゃないのか?と思ったりするんです。

自分なんて小さな存在かもしれないって思ったとしても、そうした小さな集まりが国ですから、無駄だと思わず、一般人がせっかくの政治に参加できる数少ない機会を逃すことの無いようにより多くの人が選挙行くと良いと思うんですけどね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP