海外バイナリーオプション比較|アップル・グーグル「クルマ支配」へ本格始動 自動車産業は敗北の道を歩むのか!?

アップル・グーグル「クルマ支配」へ本格始動 自動車産業は敗北の道を歩むのか!?

アップル・グーグル「クルマ支配」へ本格始動 自動車産業は敗北の道を歩むのか!? こうした業界に限った話ではないが、自動車産業界のテレマティクスビジネスに対する認識の甘さや「モノ売り」と「コト売り」の巨大なギャップは重大なミスリードを引き起こすかのうせいは無いか?と思うのだが、Car PlayやAndroid Autoが車内に入ってくると、OEM(自動車メーカー)としてのブランドイメージが、アップルやグーグルによって切り崩されるという危機感を、あなた方は持っているか?という質問を投げかけられたある車メーカの人間は「車内は、我々独自のインテリアデザインもあり、そうした影響はさほど大きくない」と答えた。
という。

他にも「影響は限定的」という意思を示した意見があったという話。

かつては、「インターネットという物自体が一過性のものだ」として、その後のドメイン戦争が勃発するまでは一大サービス産業の企業でさえそれをスルーしてきて一度は敗北した歴史を考えると、甘いんじゃないの?と思ったりする。

万国共通でこういった新しいものへの対処の遅れや認識の甘さが後で後悔を産むことは歴史が証明しているはずだが、学ばないのがビジネスマンなのだろうか?
自分たちのビジネスに自信を持っているのは良いが、それに金を払い、そうしたビジネスを動かすのは、実はユーザーである消費者なわけで、そのニーズどころか活用が実践され広まってしまえば抗えなくなり、過去からやり直しが効かない状態になるかもしれないのに…
ここで挙げた返答を出したのはいづれも海外の大手自動車メーカーの話だけど、日本の企業が胡坐をかいてしっぱいした家電事業の点や、スマートホンビジネスに乗り遅れ、それだけの影響ではないにしても日本のそうしたビジネスが不調に陥っている現在を反面教師で…とは思うのだが、いかんせん皆、自分が一番!と自信を持っているような分野の人たちだけに、ある意味でタチが悪いのは確かなのかもしれない。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP