海外バイナリーオプション比較|日本郵便、格安スマホ参入=来年度にも―収益拡大へ事業多様化

日本郵便、格安スマホ参入=来年度にも―収益拡大へ事業多様化

日本郵便、格安スマホ参入=来年度にも―収益拡大へ事業多様化 郵政がスマホ???
というのが正直なところだろうか?

なんでも、日本郵政グループである日本郵便が格安スマートフォン事業への参入を検討しているという話らしい。
具体的には、携帯大手から通信回線を借り受けて自社ブランドの端末やサービスを低価格で提供するという方法で、現存するそうした類似のサービス展開と同じような形式で展開を目指しているようです。
この方法は仮想移動体通信事業者(MVNO)といって類似他社の取っている方法そのもの。、これを2015年度中にも事業開始を目指し、かつ15年度の株式上場を目指し、収益拡大のために多様化を進める方針という事のようです。

とはいっても冒頭に申しあげたように、やっぱり優勢が何で?とかそうした事でいまいちピンとこないのが正直なところ。
これって最初は中高年層、特に地方でのユーザー獲得を狙ってというか目論んでのところ?とも思ったけど、それだけではイマイチサービス展開的にも厳しいんじゃないか?

と考えると、年賀状サービスのネット拡大などと併せてネット事業そのものへ本格参入してゆこうという流れの一つなのかも?と思ったりもしました。
兎にも角にも、ネット事業の成功が現在のビジネスの成功を占うところもある現代ですから、必然的な流れと言えばそれはそれなのでしょうが、郵便局で端末契約を結ぶ、それも郵政ブランドのっていうのがイマイチそうぞうが付かないのと、郵政が出す端末っていろんな意味で大丈夫???っていうのが思うところですね。

でも、郵便・配送も含めて郵貯だとか他にもいろんなサービスをグループ展開しているだけに、独自のサービスを盛り込んだスマートホン事業展開が行われるかも?と思うとちょっと面白いかもしれませんね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP