海外バイナリーオプション比較|缶コーヒーも高級化路線「濃い味化」でオフィスの需要拡大か

缶コーヒーも高級化路線「濃い味化」でオフィスの需要拡大か

缶コーヒーも高級化路線「濃い味化」でオフィスの需要拡大か スタバとかを筆頭に人気コーヒー専門店の台頭もそうだし、コンビニで展開されている本格系の淹れたてドリップコーヒーのブームから?最近では日本人のコーヒー需要が高まっているとかという事らしいけれど、缶コーヒーについてはTurrysのとか数年前から濃い系コーヒーでちょっと値段高いタイプのものは出回っていたし、自販機にもそうした缶コーヒーは良く見かけたから、特にここ最近の急な流行りとかではないんじゃないか?と個人的には思います。

例えばだけど、ハリウッド俳優のジョージクルーニーさんがCMのコーヒーメーカーとかもそうだし、高級化っていう事なら、そうしたブームはオフィスレベルってことなら随分前からエスプレッソマシーンが導入されていたりとかでそうした流れはあったんじゃない?と思います。
言ってみればオフィスの欧米化的な感じで、これってやっぱりIT系産業が盛んになって、そうした産業の本場とか聖地みたいに言われているシリコンバレー系の企業の影響ですか?って思ったりもしますね。

この数年くらいは、そうしたアメリカ企業のオフィススタイルを真似した日本企業のなんちゃって感は皆さん感じてるんじゃないかな?と。
カフェなんだかオフィスなんかわからなくなるようなオフィス…っていうのは良く見かける風景です。

そうしたところから発想を得て?なのか、コンビニでそうしたちょっと洒落感的なスタイルを提示してみたところ、オフィス系の仕事になじみのない人たちにも受けたということでしょうか?
まぁ、値段も手ごろですし、味もそこそこで、もしかしたら缶コーヒーを買うよりも良いかも?という感じで需要の拡大につながったのかもしれないですね。

だって消費税増税やら何んやらで暮らしにくい世の中ですから、コーヒーくらいは安くて美味しくてというのを味わいたいなぁと。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP