海外バイナリーオプション比較|産油国、「価格戦争」に突入=OPEC単独減産に限界

産油国、「価格戦争」に突入=OPEC単独減産に限界

産油国、「価格戦争」に突入=OPEC単独減産に限界 原油価格が下げ止まらない中、石油輸出国機構(OPEC)は27日の総会で生産目標を現行の日量3000万バレルに据え置き。
ところでOPECって、価格の安定維持を目指すために生産を調整する産油国カルテルだって中学生の時に社会科の授業で勉強した話を思い出します。

ですがここで、現在は北米産のシェールオイルという強力なライバルが台頭してきているわけですが、現在のところ産油国は安値にどこまで耐えられるかを競い合う状況で、いわば「価格戦争」へ突入しているというところの様です。

というかそれを余儀なくされているという状況。

既に今は産油国にとって調子・都合の良い時代は終わったっていう見方もあるみたいです。
もちろん価格競争については良い形で成されれば消費国・消費者にとってはある側面ではありがたい話ですが…

こうした時に良く起きてきたのが戦争だったり、世界的な経済危機だったりとか、ちょっとそうした大きな目線での状況についてはちょっと心配しちゃったりもする素人目線の私です。
未来的な話、石油って結局枯渇するのか?しないのか?この辺も最近は結局のところウヤムヤみたいですし、まあ世間一般的には枯渇するで通ってるわけですけどね…
限りある資源て事で。

日本の原発問題じゃないですけど、エネルギー問題は経済に直結するわけで、結局最終的には一般生活のところまで影響は降りてくることも考えれば、何も知らないし考えないっていうのもいけないよね…って思ったりするところですね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP