海外バイナリーオプション比較|ビジネスを行うとする時の英語という壁

ビジネスを行うとする時の英語という壁

ビジネスを行うとする時の英語という壁 そもそも日本語の文章にもかかわらず、意味が理解できないような文面を送ってくるような、そうしたビジネススキルの低い方も多くいたりもあしますが、それは論外としても…昨今のビジネス状況を考えた上で、内需だけでどうにかなるような時代はとっくに終わっていると言われて久しいこの頃ですね。

そこで、やはり中心、主軸となってきているビジネスは勿論IT、特にネット系のサービス分野におけるビジネスでしょう。

アプリしかり、ウェブサービス全般においてそうしたところがあります。

もちろんローカルビジネスでさえも既にこのネットが無ければ殆ど立ちゆかぬようなそうした世情であるのは抗えません。

こうした時に世界的な話が大きく持ち出されるわけですが、これは何もおおきな企業連ベルでの話ではなく、何かと英語がわからないから便利に使いたいサービスでも敬遠しがち…という話をよく聞きます。

これは英語アレルギーと言っても過言では無くらいの日本人特有の現象かもしれません。
もちろん、教育の問題もあって…という事はありますが、多少の英語(中学生レベルの)でさえも、そうした反応を示してしまうような傾向は沢山あるようです。

たしかに、大きなビジネスに限らず、それなりのビジネス分野において文法や論理は正確に知っておく必要はるかもしれませんが、活用レベルで言えば、そこまで難しく考える必要もないというところです。

結局のところ、こうしたところがそのまま大きな企業の中にも潜在的に蔓延していて、もったいない現実を突き進んでしまっているようなところもあるように感じます。

これは分野問わずでしょう、結果的に内需に向きすぎガラパゴス化してゆき、気が付けばそれが間違ったプライドを産み自爆の道をたどる…。
どの企業とは言いませんが、言葉にとどまらず考えの面でもこうしたように外を向かない、外に向かって正しくチャレンジしてゆけない風潮。

これは早急に何とかしなければならないわけですが…今のところ時すでに遅し感も否めませんね。

こうした面に対してしっかりとつき進めている企業は数えるほど、このままでは中小はかなり危ない…と個人的に考えていますが、この点急激なビジネス情勢の変化に世代交代が上手く追いついてゆかない年功序列型や面子重視、どこかしらに残っている「島国感覚」が要因のような気もしてなりません。

まずは”外にも”目を向けてみる姿勢で古の産業をも新たなビジネスの好機となる局面を手に入れられるかもしれませんし、そうした流れは地方各所の伝統工芸産業の中で起こりつつあったりもします。

この素晴らしいチャレンジ精神が様々な国内の産業各所へ波及し広がる事を望みますね。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP