海外バイナリーオプション比較|日本の技術・ニーズが地球規模の課題解決に!!

日本の技術・ニーズが地球規模の課題解決に!!

「エネルギー、環境・安全・安心・健全な生活の分野で新産業を日本国内に早世し全世界へ貢献するというダイナミックな動きを一丸となって推進する事。」

そうした事への流れとしてのぞまれているのが昨今です。

ですが、実際にはどうでしょう?
そうした企業姿勢みたいなものは大手企業ではさも行われているような形が日々ニュースなどでも取り上げられてはいるもののそのほとんどがポーズ、もしくは理念どまり…といった印象です。

実際にはそうした流れを作り出すような「ものつくり日本」的な流れはいまだ復活できていないのは、昨今の経済事情を鑑みても…と言ったところの様に個人的には感じています。

そもそも、そうした流れから遠ざかって長い日本ですが、それをここで急に推進したとしても…といったような感覚さえ覚えます。

寧ろ、もっとミニマムでもっと生活に密着するような現実的な路線でのそうした新たなものつくり的路線を推進してゆくべきでは?と思ったりもするわけですが、いづれにしても、ゼロから作り上げるというところで、発想を活用してそれを広げてゆくようなところは日本人は不得意だったようにも思います。

それは国民せいかもしれませんし、色々なところを考えると、日本オリジナルといったようなもんというのはこれまでもなかったのではないでしょうか?
もちろん個人的な見解ですが、日本のこれまでとはグローバルに存在する何がしかを、独自にアレンジ(パクリではなく)し、それをさらに高みへと昇華させた、 言ってみればレベルアップさせた形(精度や精巧さを)を様々な商品などとして輸出してきたところにあったように思います。

これがいつからか、幻想かの様に「日本のものつくりはゼロからオリジナルを作り出していた」という考えにすり替わってきていてしまったように感じるわけです。
いづれにしても、このすり替わってしまった物をプライドに掲げてしまって結局海外に勝てない…という、そうした考え方をまずはかえるところからが「ものつくり日本」の再生なのではないか?というところです。

今すぐ海外バイナリーオプションを始めたい方へ

■初心者の方にも経験者の方にもお勧めのサービスです。

バイナリーオプションはこちら

<< 前のページに戻る

FX/株/経済ニュース

↑ PAGE TOP